このページのメインコンテンツへ移動

進路紹介
Career

卒業生メッセージ

名城大学 理工学部 天木菜々美さん

最後までやり遂げる姿勢を
高校生活で養えた

名城大学 理工学部 天木菜々美さん

初心者でも部活を頑張りたい

高校入学後、部活も勉強も両方頑張ろうと、初心者でしたが、友達に誘われて女子バスケ部に入部。下手だったので、例えばボールを取りにいくなど、人一倍動くようにしました。身体を動かすことが好きだったのもありますが、とにかく最後まで頑張れたことが、自分の中では自信になりました。

解き続けたプリントの量に達成感

決めたことはやり遂げたいタイプ。それは、受験勉強も同じでした。小さい頃からものづくりが好きで、工業系の大学に進みたいと考えていましたが、3年生の担任の先生が物理の楽しさを教えてくれたことには大変感謝しています。先生は毎日、物理の練習問題のプリントを渡してくださり、それを全部解くことで実力がつきました。とにかく自分で解くことにこだわり、どうしても解けない時に先生のところへ行くとわかりやすく説明してくださいました。その量は相当なもので、綴じてあるプリントの束をみるだけでも達成感がありました。おかげで入試本番でも物理には自信があり、一番できたと実感しています。

大学でも物理の実験に夢中

コロナ禍で休校の時期もありましたが、今は大学へ毎日通っています。講義の中でも物理は一番好きな科目で、特に実験に夢中です。高校の物理の授業で習ったことのある実験もあり、楽しく取り組んでいます。これから研究が始まったら、きっとのめり込むんだろうなと思っています。これからの大学生活が楽しみです。

※掲載原稿は、すべて大学在学時に取材したときのものです。

一覧に戻る

このページのトップへ

page top