このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 樋口 武男氏 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

日本福祉大学セミナー 経済学部開設40周年記念事業講演会「経営者に学ぶ社会を生き抜く力」樋口 武男氏(大和ハウス工業株式会社 代表取締役兼CEO)

講演録 「経営者に学ぶ社会を生き抜く力」

  • 講師:
    樋口 武男氏(大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長兼CEO)
  • 日時:
    2016年11月26日(土)
  • 会場:
    日本福祉大学 東海キャンパス

※所属や肩書は講演当時のものです。

1.大和ハウスへの転職

 私は20歳のとき、絶対に一人前の事業家になってやるという夢を抱きました。大学2年のとき、たまたま家にいたら、母が整理だんすから着物を出して風呂敷に包んで質屋に出掛ける姿を見てしまったことがきっかけで決心したのです。

 大学卒業後は鉄鋼商社に入り、2年ほど勤めている間に会社の仕組みや書類の流れ、商用手紙の書き方などを自分なりにひととおり勉強することができました。そして、その会社の専務に「私は夢があるので転職したい」と申し出、大和ハウスに入ることに決めました。周囲は反対しましたが、女房に「今の状態のままで慣れるのが怖いからチャレンジしたい」と話したら、女房は「うまくいかなかったときに愚痴だけは言わなければ、好きなようにしていい」と言ってくれました。そうして大和ハウスの門を叩きました。

 その年の11月に長女が生まれる予定だったので、歩合制では収入が不安定になると思い、正規社員として面接してほしいと人事課長に頼みました。「あつかましいことを言うね」と言われましたが、鉄鋼商社での知識が奏功して専務の面接に合格することができました。

2.支店長時代の苦労

 最初の勤務先は堺工場で、鉄パイプの在庫管理が主な仕事でした。片道約2時間をかけて通勤し、帰るのは大体夜の12時ごろでした。しかし、自分の会社をつくりたいという夢があるので、これも修業だというプラス思考で仕事をしました。人間というのは不思議なもので、プラス思考とマイナス思考とでは全く違うのです。どんどんと役職も上がり、36歳のときには山口支店の支店長になりました。

 しかし、赴任して半年で私は四面楚歌になりました。私は社長の代理人ですから、社長になったつもりで厳しくしたため、部下が怖がって寄ってこなくなったのです。創業者の石橋信夫は、新しい支店長が赴任すると大体6か月前後に見に来るのですが、支店長は赴任したら地元の要職者と3か月以内に全員会っておけと言っておられました。それを守らなかった人はみんな支店長止まりで、そこから上に行った人はいません。私は当然、知事にも市長にも全て会っていました。その辺は非常にめりはりがはっきりしていて、まともなことをきちんとしていれば、創業者は闇雲に怒るわけではありませんでした。

 山口支店に来られた創業者は勘の鋭い人ですから、私が悩んでいることが分かったのか、旅館に食事に誘われたのです。風呂にも一緒に入って、私は「支店長がこんなに孤独になるとは思いませんでした」と洗いざらい愚痴を言いました。創業者は何も言わずに聞いてくれて、「長たる者、決断が大事やで」と言われたのです。その一言だけで他に話す余地もありませんでした。

 家に帰って、何を決断しろと言われたのか、ずっと考えたのですが、自分なりに結論を出したのは、お互いに分かり合うことが大事だということでした。自分は張り切り過ぎて、一人だけで走っていると考え、朝と夜に1人ずつ、部下全員と話したのです。私も言うことは言いましたが、部下にも思っていることを全部言ってもらいました。すると、こちらがやかましく言う必要がなくなったのです。赤字だった支店は何と2年目に1人当たりの売上高と利益で全国一になりました。みんなのおかげで私は役員手前の1級職に上がることができました。

 その頃、九州地区の母店である福岡支店が赤字だったので、建て直しを命じられて福岡支店長に赴任しました。赴任して真っ先に感じたのは、赤字続きの支店だったため、覇気がないということです。そこでまず、電話が鳴ったらすぐに取らせて、元気で明るく応対させるようにし、朝礼でも社員に大きな声で話させるようにするなど、凡事を徹底することで伏し目がちだった状態を改善することから始めました。

 そして、実際に懐具合が変われば一番早く意識が変わるだろうと考え、岡山ネオポリスの販売に力を入れました。岡山ネオポリスは当社が造った中で一番大きい団地でした。私は知り合いの会社経営者などに声を掛けて、数区画を販売しました。そして管理職を集めてそのやり方を教えて販売を指示しました。こうして福岡支店は黒字に転換することができました。黒字になれば、社員にボーナスを支給することもできます。こうして絶対に勝たなければならないことを教え、山口支店と同じように上向きのリズムになっていきました。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ