MENU

新たに誕生した心理職の国家資格"公認心理師"

日本福祉大学は
"公認心理師"の国家資格取得を
サポートします!

『公認心理師』ってなに?

心理学に関する専門的知識や
技術をもって支援を行う
専門家の資格(国家資格)です。

参考:厚生労働省ホームページ
日本心理研修センター

資格を取るとどうなるの?

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  • 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

を行うことが業務とされています。

想定就職先

病院・クリニック・保健所、スクールカウンセラー、公務員(法務教官、家庭裁判所調査官、児童相談所)、児童福祉施設、企業 など

公認心理師になるには?

公認心理師試験の受験資格は、下記のいずれかの方法で得られます。

  • 心理系大学で指定科目を修得&大学院で指定科目を修得
  • 心理系大学で指定科目を修得&一定期間の実務経験
  • (1)及び(2)と同等以上の知識と技能を有する場合

日本福祉大学で
公認心理師を目指そう!

公認心理師の活躍場所は、日本福祉大学が得意とする「保健医療、福祉、教育その他の分野」です。実習先、就職先の豊富なネットワーク、大学院での臨床心理士養成の経験を生かし、『公認心理師』取得を目指すあなたをしっかりサポートしていきます。

学びの領域(ユニット)

ユニット

福祉の伝統を心理の学びに活かし,
実践的な知識の獲得を目指します。

「臨床心理」「発達・福祉心理」「社会・応用心理」の3つの学びの領域(ユニット)と,それを支える「基礎心理」により、自分を含めてみんなが生きやすい社会を作るための学習を深めます。※ユニット名は仮称

教員紹介

PICK UP!

受験に役立つ心理学コラム

日本福祉大学の教員による
受験に役立つ心理学コラム。
受験生必見!是非ご覧ください。

卒業生紹介

学べる学部・大学院

学部
子ども発達学部 心理臨床学科

心理臨床学科では、乳幼児期から青年期をはじめとして、成人期以降も含めたすべてのひとの「こころの問題」を理解し支援する力を養成します。まず、心理学の基礎理論を学び、各種の研究手法や臨床技法を実践的な演習を通して身につけます。その上で不登校・引きこもり・非行・児童虐待などを含めさまざまなひとへの支援のあり方を学びます。

大学院
社会福祉学研究科 心理臨床専攻【修士課程】

大学院

 本学の大学院 社会福祉学研究科 心理臨床専攻(修士課程)は、夜間制大学院です。そのため公務員や企業などで働いている社会人と、大学で心理学を学びさらに臨床心理学を深く学びたいと考えている学生が一緒に学んでおり、お互いによい刺激を与えあっています。
 また本学の特徴として、社会福祉関係選択必修科目であるソーシャルワーク論や精神保健福祉論など心理臨床に関連する福祉系科目も学ぶことができます。
 そして2005年より、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の第1種指定大学院に指定され、これまでに多くの修了生が臨床心理士資格試験に合格し、公務員(心理職)、学生相談員、スクールカウンセラー、病院の心理職などさまざまな分野で活躍しています。こうしたこれまでの臨床心理士養成のノウハウを生かして、これからは公認心理師の養成にも力を入れていきたいと考えています。
 大学院担当の教員の多くは、子ども発達学部心理臨床学科での教育も担っており、大学と大学院の教育連携に努めています。また心理臨床学科の学生には、大学院入試の学内推薦制度もあります。

学部・大学院での実習について

心理臨床学科(学部)および心理臨床専攻(大学院)では、専門的な実践力を身につけることを重視し、実習の充実を図っています。学内施設である日本福祉大学心理臨床研究センター(心理臨床相談室)は2003年4月の開設以降、地域サービスの一環として子どもから大人まで広く相談活動を行っています。大学院生は心理臨床専攻の教員や臨床心理士の丁寧な指導のもと、子どものプレイセラピーや大人の心理面接などを担当します。発達支援やグループカウンセリング、公的機関や地域との連携など様々な相談活動を肌で感じ、心理臨床の教育訓練を受けることができます。また学外の実習では、臨床心理士の勤務する病院などの医療機関、教育センターなどの教育機関、児童養護施設などの福祉施設など、豊富な実習先にて経験を積むことができます。知多半島をはじめとし愛知県内や近隣県の様々な実習施設の協力を得ています。

「心理臨床研究センター美浜分室 子ども発達支援室」紹介

子ども発達支援室では、地域支援活動として「メンタルフレンド派遣事業」(以下、メンタルフレンド)と「特別支援教育ボランティア学生派遣事業」(以下、特別支援教育ボランティア)の2つの活動を行っています。メンタルフレンドでは、知多地域の適応指導教室と日本福祉大学付属高校に派遣された学生が、通ってくる生徒たちの話し相手になったり、一緒にスポーツをしたりして過ごします。特別支援教育ボランティアの方は、半田市内の小学校の特別支援学級や通常学級に学生が入り、さまざまな課題を抱えた子どもたちに必要な支援を行っています。いずれの活動においても、派遣学生たちへのサポートとして、子ども発達支援室の研究員(臨床心理士)による個別のスーパーヴィジョンや研修が定期的に行われています。学生たちは、これらのサポートを通して自身のボランティア活動を振り返り、そこで得た気づきを子どもたちとのかかわり合いや自己理解に役立てています。

最新情報は大学サイトや公式SNSでも配信!

新しい情報が追加されましたら、日本福祉大学公式サイト、
または日本福祉大学公式SNSでも配信していきます。