日本福祉大学 福祉テクノロジーセンター アクセスマップ

目指すのはだれもがふつうに暮らすこと。

だれにでも起こりうる“生活上の障害”。
利用する人の想いや生活にあった用具を選び、有効に利用することこそ、
“したいこと”を“できること”に変える近道です。
日本福祉大学福祉テクノロジーセンターは、
アシスティブテクノロジー(支援技術)の研究・教育、
そして、人づくり・まちづくりに取り組みます。

<センターの取組>

センターを利用した教育活動

工房を利用した福祉用具の製作・改造、福祉用具の適合に関する演習を行います。
地域をフィールドにした研究・教育活動を展開します。

アシスティブ・テクノロジー(支援技術)などの研究・開発

学内外の機関と連携しながら福祉用具・支援機器に関する共同研究・開発を進めます。

講座の企画・開催

地域向けの福祉用具と支援技術に関する講座を企画・開催します。

福祉用具の展示

コミュニケーション機器、車椅子、自助具、各種電子情報機器などをはじめする福祉用具や支援機器が200点展示されています。

福祉テクノロジーセンター展示品・設備等

【展示品】

  • 起居関連用具
  • 移乗関連用具
  • 移動関連用具
  • 自助具類
  • コミュニケーション関連用具
  • 視聴覚関連用具

【計測設備等】

  • 座圧計測器
  • 車椅子ローラー台

※展示品データベースはこちらから

福祉用具・支援機器に関する適合相談

利用者の身体機能・生活環境・要望などを聞き取り、評価し、一人ひとりの状況に応じた用具・機器をコーディネートします。

アシスティブテクノロジー相談会の実施

福祉テクノロジーセンターは学生支援センターと共催で、次の内容で相談会を実施しています。対象は美浜・半田・東海・名古屋キャンパスの学生・大学院生、教職員、付属高校生徒・教職員です。

  • (1)福祉用具を活用した工夫についてのミニレクチャー(前半20分ほど)
      参加学生(障害学生や支援学生)に学びや気づきの機会を提供する
  • (2)福祉用具,ICT利用等について個別相談(後半20分ほど)
      学び方や障害に合わせた機器選定,フィッティング,活用方法の相談

2023年度の開催計画

日付 時間 テーマ 場所
4月28日(金) 12:35〜13:20 コンピュータのアクセシビリティ入門
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C
5月15日(月) 11:40〜12:20 考えてみよう!支援機器を用いた実習の工夫
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
東海C
6月19日(月) 12:35〜13:20 誰でもできる字幕付け体験(Vrewの使い方)
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C
7月10日(月) 11:40〜12:20 高校でも使えるテクノロジー
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C
9月15日(金) 12:35〜13:20 通学を考える・電車内をどう過ごすか
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C
10月16日(月) 12:35〜13:20 寒いの嫌い!体温調節をどうするか
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C
11月20日(月) 11:40〜12:20 支援者として関わる〜支援機器を用いた実習の工夫・・先輩の体験交流会
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
東海C
12月11日(月) 12:35〜13:20 就労に向けて 仕事の能率を上げる工夫
便利な機器・道具・テクノロジー紹介
美浜C

<ご利用案内>

月曜日〜金曜日 10:00〜12:00 13:00〜17:00

  • 土曜、日曜、祝祭日、大学閉鎖期間は休館日です。
  • センターのご見学、また各種ご相談等で来所を希望される方は、
    事前に下記までご連絡の上、ご予約を お願いいたします。
  • 開館日であっても、諸事情によりご希望の日時に添えない場合があります。
    あしからずご了承ください。

<お問い合わせ先>

日本福祉大学福祉テクノロジーセンター(健康科学研究所分室)

〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2
TEL 0569-20-0143 FAX 0569-20-0128
E-mail : atml.n-fukushi.ac.jp