日本福祉大学大学院
社会福祉学研究科
心理臨床専攻

  1. 大学院TOP
  2. 社会福祉学研究科
  3. 心理臨床専攻
  4. 在院生の声・修了生の声

在院生の声・修了生の声
本専攻の在院生、そして修了生からのメッセージを紹介します。

・  在院生の声
・  修了生の声

 

在院生の声

心理臨床専攻  N.Tさん

私は技術職として30年以上働く中で心理学に興味を持ち通信制の大学で学び始めました。そこで多くの学友と出会い心理臨床に興味を持つようになり、大学院でより深く学び心理の専門職になりたいと考えた時に、本学の大学院が夜間制であり仕事を持つ多くの社会人が資格を目指して学んでいる事を知り本学に入学しました。私の経歴は臨床心理とは関連がなく、仕事と授業を両立させながらの学びは時間的・体力的に厳しいものがあります。それでも、学部で学んできた若い学友や多様な経歴を持つ学友と助け合いながら共に学ぶ専門的かつ実践的な授業内容に刺激を受けています。また、様々な人と関わる実習で戸惑った時には、教授陣からの丁寧な指導や励ましに支えられて厳しくも充実した院生生活を送っています。

↑ この欄の先頭へ戻る

心理臨床専攻  K.Rさん

わたしが大学院選びで一番悩んだのは、どの大学院で自分のやりたいことをやることができるのか、という点でした。臨床心理士・公認心理師を目指すうえで、自分の課題と向き合いながら実習をしたり研究を進めたりすることに対する不安もあり、どのような環境でなら自分がそれらをこなすことができるのか、と考えたときに、学部からお世話になっている先生方に引き続きご指導いただくことが、精神面でも研究面でも大きなメリットになると思い、学内選抜で受験することを選びました。進学後、実際に自分と向き合いながら授業、実習、研究をこなさなければならない環境は、やはり精神的な負担の大きいものでしたが、親身になってくださる先生方や、特に一緒に学部から進学した同期の存在はとても大きな支えとなっています。また、夜間制ならではの多様な背景をもつ年齢層の異なる同期の存在という、人についての理解を深めるためにとても意義のある出会いや、実習先での出会いにも恵まれ、いろいろな人の存在に支えられながら、楽しいだけでは決してありませんが、充実した大学院生活を送ることができています。

↑ この欄の先頭へ戻る

 

修了生の声

心理臨床専攻 T.Mさん

学部で心理学を学んでいるうちに、より専門的に学びたいと感じ、大学院の課程を経て、現在は精神科のクリニックに勤務しています。現場では、毎日様々な困りごとを抱えた患者様が相談に来ます。緊急の対応が必要な事態もあり、在学中に想像していた以上に柔軟な対応を求められますが、まずは先入観を捨てて、目の前の患者様をよく知ることが最も大切であると感じます。また、共に働く経験豊富なスタッフは、それぞれの職種の視点から患者様を理解しています。来院時の表情や、待合室での過ごし方も貴重な情報です。常に情報共有し、チームで治療をする中で、見識を広げることができました。時には臨床心理士としての対応や、患者様の理解に悩むこともありましたが、大学院での講義やスーパーヴィジョン、実習体験を振り返る中にヒントがあり、基礎知識の大切さを痛感する日々です。特に諸心理検査の知識は、いつでも質問できる環境である在学中のうちに、もっと貪欲に学ぶべきだったと感じています。躓くことも多いですが、仲間や患者様に鍛えて頂き、時には大学院時代の同期や先輩、先生方に助けて頂きながら、心理士として出来ることを模索しています。

↑ この欄の先頭へ戻る

心理臨床専攻 K.Rさん

私は在学中、他分野の仕事を続けていたため、時間のやりくりや経済面等悩みは尽きませんでした。それでも大学院での講義や魅力的な先生方とできるお話はとても刺激的で、自分が目指す姿を模索できた豊かな時間でした。現在私は児童相談所で児童心理司として勤務しています。虐待や関係不調、不登校など様々な辛さを抱えてみえるお子さんやご家族に出会い、アセスメントや心理療法のみでなく、幅広く生きていくための支援を行います。直面する現実に辛くなり、無気力になる事もありますが、先生方の言葉等を自分なりに考え直すことで冷静になれ、希望を見出しながら日々を過ごしており、今でも院生時代の体験に支えられていると感じています。

↑ この欄の先頭へ戻る