Information

各大学で展開された様々な取組みの様子

 ›
平成29年度AP事業シンポジウム「卒業時における質保証の取組の強化」を開催しました
高知大学

平成29年度AP事業シンポジウム「卒業時における質保証の取組の強化」を開催しました

 2017年10月28日、東京国際交流館にて『平成29年度AP事業シンポジウム「卒業時における質保証の取組の強化」』を開催しました。本シンポジウムは高知大学が主催し、茨城大学、日本福祉大学、山形大学の共催により、大学教育の質保証について課題の共有を図ることを目的に行いました。

 

 シンポジウムでは、文部科学省 河本氏、京都産業大学 川島氏による基調講演、日本福祉大学による幹事校事業紹介、茨城大学、山形大学、高知大学による事例報告が行われ、続いて、講演者によるパネルディスカッション「IR、ディプロマ・サプリメントの有用性と学修成果の質保証」が行われました。また、AP事業採択校16校が出展したポスターセッションでは、各校の取組みに関して活発な意見交換がなされました。

  

 高等教育関係者を主とした約170名の方々にご参加いただき、大学教育の質保証について様々な観点から議論が交わされ、AP事業のみならず大学教育全般にわたる質保証を考える貴重な機会となりました。

 

関連リンク
https://fdas.kochi-u.ac.jp/kuap/2017/11/201710sympo-ap-rpt.html