FACULTIES

FACULTIES 学内外の医療系学生と合同で多職種連携を学んだ。

学生インタビュー

社会福祉学科 医療専修
健康社会モデル

就職先:株式会社クルール岡崎
堀内 匠さん

2023年3月卒業
長野県/上田東高等学校 出身
横山由香里ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
周囲から理解されにくい身体の不調があり、子どもの頃から苦しい思いを抱えてきました。初めての理解者は、高校の部活動の先生。相談に乗り手助けしてくれる先生との出会いが、人の心に寄り添う社会福祉士になるという目標を持つきっかけになりました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
研究テーマは「特性とカミングアウトについて」です。①周囲から見えない特性(LGBTなど)、②周囲から見えにくい特性(聴覚障害など)、③周囲から見える特性(車いすなど)の3群について、カミングアウトの有用性とカミングアウトを阻む原因、支援のあり方などを、インタビューと文献調査により考察しました。ゼミの横山先生にはインタビュー対象者や重要文献をご紹介いただくなど、お世話になりました。

●卒業後の目標は?
就職先のサービス付き高齢者向け住宅では、コミュニケーション能力が求められます。入居者やご家族の声を聞くことはもちろん、周辺地域・施設・医療機関との連携も欠かせません。人に寄り添う社会福祉の専門性と多職種連携・地域連携能力を活かし、幅広い活躍をめざします。


●高校生へのメッセージを!
社会福祉に興味があり、自ら動いて学びたい人にはとてもよい環境があります。卒業生や先生の協力も得やすく、さまざまなことにチャレンジできる大学です。

MY LEARNING STAGES

1年次 地域福祉の現場で生の声を聞く。
演習科目「地域マネジメント実践Ⅰ」では、地域で行われている子ども食堂や就労継続支援B型の事業所の活動に参加。直面している課題などリアルな声を聞くことができました。授業以外ではノートテイクのボランティアを通して、聴覚障害とろう文化への理解を深めました。

2年次 看護学部の学生と多職種連携を学ぶ。
「地域マネジメント実践Ⅱ」は看護学部との合同授業。ある患者さんと家族を想定し、医療現場での連携を意識しながら事例研究を行いました。医療の専門職である看護師と福祉の専門職である社会福祉士では、患者や家族へのアプローチに違いがあり、多職種連携の難しさについて考える機会になりました。

3・4年次 4大学1000人超の合同授業に参加。
3年次の「地域マネジメント実践Ⅲ」では藤田医科大学の授業に参加。4大学から12職種の医療系学生1000人以上が集まる演習科目で6日間にわたってグループワークを行いました。私は、医師・臨床工学技士・薬剤師・理学療法士をめざす学生からなるグループで意見のまとめ役を担当し、医学的根拠を重視する医療と、当事者の気持ちを重視する福祉の考え方の違いを改めて実感。現実の多職種連携に近い経験ができました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!