FACULTIES

FACULTIES 相手の障害も価値観もまるごと理解する。

学生インタビュー

社会福祉学科 医療専修
精神保健福祉(MHSW)モデル
※Mental Health Social Worker

就職先:医療法人成精会 刈谷病院
山田 浩生さん

2023年3月卒業
愛知県/知立高等学校出身
横山由香里ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
高校生の時に病気を患い入院した際、医療ソーシャルワーカーの方が親身になって話を聞いてくださったことをきっかけに、この職業に憧れを持ち、医療専修への入学を決めました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
ゼミでは当事者の理解と保健医療福祉の支援について学びました。卒業論文のテーマは「マジョリティー集団によって作られた社会~なぜ精神障害者への偏見・差別はなくならないのか~」。同年代の人々に精神障害(者)に関するアンケート調査を実施し、そこから福祉教育のあり方などを中心に、精神障害者への偏見・差別を取り除くにはどうしたらよいのかについて論じました。

●卒業後の目標は?
就職先での精神科病院では、精神保健福祉士として患者さんの地域生活への復帰を支援するとともに、社会から精神障害者への偏見をなくすために啓発活動を積極的に行いたいと考えています。


●高校生へのメッセージを!
日本福祉大学には福祉分野で著名な先生方が多く、実習先で自分の担当教授の名前が知られている、といった経験をすることも珍しくありません。そんな先生方が学生一人ひとりに対して親身に相談に乗ってくださるので心強く感じます。精神保健福祉士の課程では実習計画書作成・事前学習発表会・実習報告会・実習報告書作成などをこなすため多忙ですが、すべてが自分の糧となり、自然と対人援助職に必要な力がつきます。社会福祉士・精神保健福祉士のダブルライセンスを取得できれば福祉業界では無敵です。ぜひみなさんも医療専修へ!

MY LEARNING STAGES

1・2年次 障害者への先入観を持たない工夫を。
1・2年次はサービス付き高齢者向け住宅の職員さんや子ども食堂を運営する方へインタビュー調査を行い、フィールドワークの基礎を習得しました。2年次の春休みには就労継続支援B型事業所での1日現場体験に参加。「すべての利用者さんと話をする」という目標を立て、一人ひとりの性格や考え方を知ることで、精神障害のある方々に先入観を持たないよう努めました。

3年次 当事者の価値観も含めた理解を大切に。
多機能型事業所での実習では、指導者から「当事者を“地域の生活者”として見るように」という助言をいただいたことが心に残っています。相手を障害や病気でカテゴライズするのではなく、考え方や価値観も含めその人をまるごと理解すること、そして自分と同じように地域で生きる人として捉え、その人に合った支援を考えることが大切であると、利用者さんと深く関わる中で理解しました。

4年次 リーダーを務め、対人援助の力を培う。
精神保健福祉援助実習事前学習発表会ではリーダーを務め、大人数の意見のまとめ方や当日のスムーズな進行について考えました。みんなが意見を出しやすい雰囲気づくりを工夫し、傾聴や共感の力を養った経験は、対人援助職であるソーシャルワーカーとして働く上で活きると感じます。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!