FACULTIES

FACULTIES 模擬カンファレンスや実習でMSWの仕事をリアルに学ぶ。

学生インタビュー

社会福祉学科 医療専修
医療ソーシャルワーク(MSW)モデル

就職先:日本赤十字社 愛知医療センター 名古屋第一病院
山下 零可さん

2023年3月卒業
愛知県/日本福祉大学付属高等学校 出身
山口みほゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
高校2年の頃に医療ソーシャルワーカー(MSW)という職種を知り、そのために必要な社会福祉士の資格が取れる大学を志望しました。精神福祉士とのダブルライセンスがめざせる点にも魅力を感じて医療専修を選びました。

●ゼミでの学びや関心を持って学んだ内容は?
医療専修の3年次は、ゼミ単位で「模擬カンファレンス(症例検討会)」に参加します。医師・看護師などの数多くの専門職の中で、山口ゼミはMSWを担当。しかし実習前だったためMSWの仕事の実像が十分理解できておらず、仲間と手を尽くして調べ抜いて参加しました。就職後は自分一人でカンファレンスに臨む必要があるため、円滑に行えるMSWになるという目標ができました。

●卒業後の目標は?
就職先の赤十字病院は急性期病院です。初めての病気やけがで来院する方も多く、受診をきっかけに生活課題に直面する人、利用可能な福祉サービスの知識がない人が多いと考えられます。そうした患者さんが安心して療養できるように支えられるMSWをめざし、成長していきたいと思います。


●高校生へのメッセージを!
MSWをめざす人に最適なカリキュラムが医療専修には整っています。実際の病院で行われるようなカンファレンスを行ったり、多彩な医療機関で実習できたりと、実践的な学びができ、卒業後の仕事の具体的なイメージを描くことができます。

MY LEARNING STAGES

1・2年次 医学知識を楽しく学んだ1年次の講義
1年次の授業で印象的だったのは「医療概論」。乳幼児から高齢者まで、身体の構造や機能、病気や障害の成り立ちなどを学ぶもので、医療に関心があった私には楽しい授業でした。2年次のゼミでは認知症啓発のための紙芝居制作にグループで取り組みました。オンラインでの活動が中心になりもどかしさもありましたが、苦労を共にした仲間との結束が強まりました。

3年次 相手をよく見ることの大切さを実感
社会福祉士の実習は生活介護の施設で行いました。利用者さん1名との対話によりアセスメント(評価)し、個別支援計画を立てるのですが、相手は言語での会話が困難な利用者さん。壁にぶつかったものの、実習指導者から「近くでよく見るように」と指導され、やってみると相手の表情や身振りから少しずつ気持ちが感じ取れるようになりました。また、この実習では報告書作成や報告会での発言を通じ、言語化する力の成長を実感しました。

4年次 実習経験を通してMSWの理想像を描く
急性期病院で行った実習では、回復期以降までを先読みし、かつ素早く的確に判断することの重要性を学びました。MSWの実務を学ぶとともに、自分がめざすMSW像を明確に描くことができました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!