FACULTIES

FACULTIES 人々がつながり、支え合い安心して暮らせる地域へ。

学生インタビュー

社会福祉学科 人間福祉専修
地域支援モデル

就職先:福岡市社会福祉協議会
城添 水咲さん

2023年3月卒業
長崎県/諫早農業高等学校 出身
小松理佐子ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
高校の時に認知症カフェ開催に携わり、地域のつながりづくりを考えたことをきっかけに、地域福祉分野に興味を持ちました。日本福祉大学は多様な経歴のある先生方がいることや、全国に卒業生がいることで地元・九州でも就職しやすいのではないかと考えたことから、進学先に選びました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
少子高齢化問題について学べるゼミに所属しました。卒業研究のテーマは「社会的孤立」。地域の若者から高齢者までつながりがあることで、どの年代になっても孤独を防ぐことができると考え、つながりづくりの支援の重要性を論じました。

●卒業後の目標は?
地域のつながりづくりにおいては、専門職だけでなく、住民が主体となって持続可能な地域をめざしていくことが大切だと考えています。そのような地域づくりに貢献したいと考え社会福祉協議会に進路を決めました。就職後は地域住民との信頼関係を築き、誰もが安心できる地域の実現をめざします。


●高校生へのメッセージを!
日本福祉大学は全国から学生が集まり、さまざまな文化に触れることができます。私は九州から愛知に来ましたが、一人暮らしをする学生が多く、友人と助け合いながら楽しい学生生活を送ることができました。UターンやIターンを考えている学生は、全国にあるオフィスやOB・OGの協力もいただけるので、ベストな環境で就活に臨むことができます。ボランティアサークルや福祉系のアルバイトの紹介も豊富で、多様な福祉を「体験できて学べる」環境があることが魅力です!

MY LEARNING STAGES

1・2年次 地域住民の交流の場の大切さを知る。
1年次に美浜町の防災教室を調査した際、災害の知識を身につけるだけでなく、住民同士が交流を通じて非常時に助け合える関係を築く場としての役割があることを知りました。そこで、近隣の住宅にチラシを配り参加を呼びかけたところ、多くの方に出席してもらうことができました。2年次は、東浦町にある地域住民のための交流施設を訪問し、運営の実態を調査。誰もが気軽に集まれる居場所づくりの課題を学びました。

3年次 障害ではなくその人自身と向き合う体験。
障害者の余暇支援を行うボランティアサークル「白夜」で精力的に活動しました。障害のある方や保護者とオンラインでの会話やレクリエーションを通じて交流を深める中で、同じ障害がある方でも一人ひとり性格や得意・苦手なことが異なり、障害でひとくくりにするのではなく、その人自身と向き合い接していくことが大切であると気づきました。

3・4年次 世代を超えてつながりのある社会を考える。
社会的孤立の解決をテーマに研究を行いました。孤立は高齢者だけの問題ではなく、高齢期に入る前から社会とのつながりが薄れている現役世代や若者にも課題があると考え、地域のつながりづくりに携わる専門職や機関の役割と課題を検討。就職先で生きる視点を得ました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!