FACULTIES

FACULTIES 高齢者が地域で安らげる居場所づくりを。

学生インタビュー

社会福祉学科 人間福祉専修
対人支援モデル

就職先:社会福祉法人 愛生福祉会
丹羽 桃茄さん

2023年3月卒業
愛知県/瀬戸西高等学校 出身
北村育子ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
人の役に立てる仕事がしたいという思いから福祉に関心を持ち、高校の先生や塾の先生、家族に日本福祉大学を紹介してもらいました。中でも人間福祉専修は、地域で暮らすすべての人の幸せをめざす多様な学びがあると知り、魅力を感じて入学しました。

●ゼミでの学びや関心を持って学んだ内容は?
高齢者の現状や居場所支援を学べるゼミに所属しました。一人暮らしの高齢者の孤独死問題などの解決をめざし、高齢者が外に出て、地域で集まれる場所づくりについて考えました。一方で児童分野にも関心があったため、卒業研究では放課後等デイサービスの持つ課題や改善点について調べました。

●卒業後の目標は?
就職先では介護職員として、実習やグループワークで培ったコミュニケーション能力を活かして利用者の方々の生活を支えるとともに、介護福祉士や初任者研修などの資格取得もめざします。


●高校生へのメッセージを!
1年次から国家試験を見据えた指導や就職支援が手厚く、多様な実習カリキュラムにより、さまざまな進路を実現できることが社会福祉学部の魅力です。特に人間福祉専修では、支援を必要としている高齢者、障害者、児童、その家族に関する幅広い知識やコミュニケーションの方法を身につけます。福祉のことをもっと知りたい方や、たくさんの人と関わりたい方におすすめです!

MY LEARNING STAGES

1年次 地域の防災への関心が高まる。
災害ボランティアセンターの東北フィールドワークでは、未だ復興されていない震災の現場を見学し、「これがもし自分の地域だったら」と衝撃を受けました。愛知県民として危機感を持って南海トラフに備える必要性に気づき、高齢者や障害者の避難のサポートも含めた防災知識習得への意欲がさらに高まりました。

2年次 高齢者の交流を生み出すには。
社会福祉協議会の方と協力し、武豊町で暮らす高齢者の現状について調査しました。町の配食サービス利用者とスマホ教室の参加者に対し、サービス利用の実態についてアンケートを実施したところ、特に男性の利用者数が少ないという結果に。日頃から町のサービスを活用し、近所の人と交流することが高齢者の孤立予防にもつながるため、地域全体で利用を呼びかけることが大切だと感じました。

3・4年次 自分の中の偏見に気づく体験。
就労継続支援B型事業所での実習では、初めは精神障害のある方々への接し方がわからず悩みましたが、巡回指導の先生の「障害があっても私たちと変わらないよ」という言葉を受け、自分の中にあった障害への偏見に気づくことができました。また、特別養護老人ホームでの実習では、口数の少ない利用者さんと積極的に関わるように心がけると、最後には打ち解けることができ、大きな自信に。高齢者と関わる仕事をめざす意欲が高まりました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!