FACULTIES

FACULTIES 子どもたちの声なき声に耳を傾けられるSSWに。

学生インタビュー

社会福祉学科 子ども専修
SSWモデル

就職先:東海市教育委員会(スクールソーシャルワーカー)
西 実莉さん

2023年3月卒業
愛知県/大府高等学校 出身
野尻紀恵ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
人を支える仕事がしたいという思いがあり、福祉に関心を持っていました。高校3年生の頃に「スクールソーシャルワーカー(SSW)」という職業を知り、養成課程がある日本福祉大学を選びました。福祉の仕事をしている母の勧めも決め手になりました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
SSWの実務経験が豊富な先生のゼミに所属し、子どもの「不登校」をテーマに研究しました。子どもの権利条約には、休み遊ぶ権利が明記されていますが、実際には学校を休みたくても、病気でない限り休むことが許されません。子どもの権利が多くの場面で冒されている現実があります。不登校とは、単に学校が嫌いというだけではなく、さまざまな生きづらさを抱える子どもたちの“声なき声”なのだと考えています。

●卒業後の目標は?
日々全力で生きる子どもたちは、私にパワーをくれる存在。だからこそ、さまざまな背景があってパワーを失っている子どもたちの生活を支えたい。子どもの声に耳を傾け、その思いを社会に届けられるようなSSWをめざします。


●高校生へのメッセージを!
「ふくし」の広さと深さを知った4年間でした。幅広い分野で求められ、機能している福祉を学べるのが日本福祉大学です。福祉の世界は、正解のない、自分の考えを追究できる分野だと思います。たくさんの出会いや経験、学びの機会を通して福祉の深さやおもしろさを感じることができる、魅力いっぱいの大学です。

MY LEARNING STAGES

1年次 障害のある子どもから教わったこと。
大学の掲示板で知ったボランティア活動に参加。小学校の特別支援学級に毎週通い、先生の補助や子どもたちと遊ぶ活動をしました。障害のある子と接するのは初めてで手探りしながらの活動でしたが、「次はいつ来てくれるの?」と言ってくれるようになり、うれしさを感じました。障害だけを見ず、ひとりの人として接することの大切さを教わりました。

3年次 ボランティアでの学びが生きた現場実習。
障害児通所施設で24日間の実習を経験しました。言葉による表現が難しい子どもと信頼関係を築くのは簡単ではありませんでしたが、1年次の経験を思い出し、小さな気づきを積み重ねることで、心を通わせることができました。

4年次 先生とは異なる立場だからこそ築ける関係。
「スクールソーシャルワーク実習」では、現職のSSWとともに行動する中でこの職種の役割や意義を深く考える機会をいただきました。子どもたちにとってSSWは、「先生とは別の、近くにいてくれる大人」。だからこそ築ける関係や、受け止められる思いがあるのだと感じました。子どもの声なき声について考え、卒業論文につながる気づきを得た10日間の実習でした。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!