FACULTIES

FACULTIES その子に合った方法で成長を支え、笑顔を守る。

学生インタビュー

社会福祉学科 子ども専修
保育士モデル

就職先:社会福祉法人 米山寮(乳児院)
本多 由依さん

2023年3月卒業
愛知県/岡崎東高等学校出身
堀場純矢ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
高校の福祉系の授業で児童養護施設について学び、つらい体験をした子どもの生活を支える仕事があることを知りました。自分も将来は子どもたちの笑顔を守る仕事がしたいと考え、福祉・保育の両方の知識を深められる子ども専修に進学を決めました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
「児童養護施設で暮らす発達障害のある子どもへの支援と課題」をテーマに研究を行いました。実習先での経験をもとに、子どもが過ごしやすく、職員にとっても働きやすい環境づくりや、障害の種類だけで先入観を持たず、一人ひとりに合わせた支援を考えることの大切さについて論じました。

●卒業後の目標は?
元々は児童養護施設への就職を検討していましたが、子ども専修での学びを通して、人間の成長の土台となる時期を支える乳児院の仕事にも関心を持つようになり、就職先に選びました。大学で学んだ、物事への多角的な視点や多職種連携の重要性を忘れず、障害児を含むすべての子どもが笑顔で安心・安全な生活が送れるよう成長を支えていきたいと考えています。


●高校生へのメッセージを!
福祉の学びはとても幅広いですが、日本福祉大学ではそれぞれに実績のある先生方からお話を聞き、自分に合った分野を見つけることができます。また、留学生や編入学生、障害のある学生など多様な学生が集まる環境で学ぶことで、入学前とは考え方が変化し、自分の成長を感じられると思います。

MY LEARNING STAGES

1年次 子どもが安全に地域で遊べるように。
ヤジエセツルメントという、地域の高齢者や子どもと交流するボランティアサークルで活動しました。子どもと外で遊ぶ際は、一人ひとりの安全の確保のため、持ち場にいる子どもを注視することはもちろん、メンバー同士が連携してすべて子どもの状況を把握する必要があり、視野を広く持つよう心がけました。

2年次 子どもが楽しく歌うための演奏を工夫。
演習科目で保育のスキルを高めました。「音楽演習」では、これまでほとんど経験がなかったピアノを、個人レッスンで基礎から習得。他の学生の前で発表するときは、ただ音楽を奏でるのではなく、前奏の弾き方やかけ声などを工夫し、子どもが楽しく歌うための表現方法を追求しました。

3・4年次 自分が変われば子どもも変わると気づく。
放課後等デイサービスでの実習では、初めは言葉でのやりとりが苦手な子どもとのコミュニケーションの方法がわからず不安でした。しかし、職員の方々の働く様子を手本に、一人ひとりに合わせて言葉遣いをわかりやすく変える、身振り手振りや絵カードを交えるなど工夫すると、子どものできることが少しずつ増えていくように。言葉以外の関わり方もたくさんあるということを知り、自分のやり方が変われば子どもたちも良い方向に変わっていくのだと気づきました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!