FACULTIES

FACULTIES 子どもの声が大人に届き権利が守られる養育を。

学生インタビュー

社会福祉学科 子ども専修
児童指導員モデル

就職先:社会福祉法人 児童養護施設 子供の家
石野 来夢さん

2023年3月卒業
愛知県/豊田高等学校 出身
堀場純矢ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
子どもの福祉に関心があり、将来は児童養護施設で働きたいと考えていました。子ども専修では保育士と社会福祉士のダブルライセンスをめざせると知り、魅力を感じて入学しました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
児童養護施設の実態を学べるゼミで、さまざまな施設を見学しました。卒業研究のテーマは「児童養護施設で活かされる子どもの権利条約」。実習の経験も踏まえ、子どもの声が大人に届き、権利が守られる養育環境について考えました。

●卒業後の目標は?
施設に入所してくる子どもの多くは心に傷を負っているため、その傷を修復できるよう一人ひとりに合った支援を考え、幅広い職種の方々との連携を大切に支援していきます。大学で得た福祉と保育の両方の視点を最大限に活かせればと思います。


●高校生へのメッセージを!
日本福祉大学の魅力は、福祉を学ぶ意欲を持った思いやりのある学生が集まっていること。また、障害のある学生など、多様な背景を持った人と日常的に関わることができ、学びに活きる視点を得られます。キャンパスは広々としていて、自然に囲まれているので、のびのびと学ぶことができますよ。

MY LEARNING STAGES

1年次 障害者の視点で大学生活を見つめる。
聴覚障害者支援に関心があり、講義内容を文字に起こすノートテイクやパソコンテイク、音声認識アプリ「UDトーク」の修正作業の活動に携わりました。障害のある学生と友情が築かれ、当事者が大学生活で困っていることを知り視野を広げるきっかけになりました。さらに手話サークルにも所属し、基本的な日常会話のスキルを習得。手話検定3級を取得し、さらに上達をめざす意欲が生まれました。

2・3年次 多様な背景のある子どもと関わり学ぶ。
保育園での実習では、さまざまな発達状況の子どもとの向き合い方や保護者との関わり方、不測の事態への対応を学び、「子どもが好き」だけでは務まらない保育士の責任の重さを実感しました。児童養護施設の宿泊実習では、複雑な事情を抱えた子どもと時間をかけて対話し、適切な関わり方を追求。児童相談所の職員、保護者や里親の方々とのコミュニケーションの大切さも学び、施設で働くことのイメージがより具体的になりました。

4年次 仲間と励まし合い国家試験合格をめざす。
実習後は国家試験に向けて、対策講座など大学独自のサポートも活用しながら勉強に取り組みました。同じ目標をめざす大学の仲間と励まし合える環境があったおかげで、最後までモチベーションを維持することができました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!