FACULTIES

FACULTIES 子どもや親が頼れる存在を地域につくりたい。

学生インタビュー

社会福祉学科 子ども専修
公務員 福祉職モデル

就職先:愛知県庁(社会福祉職)
鈴木 七奈さん

2023年3月卒業
愛知県/猿投農林高等学校 出身
牧真吉ゼミナール

●入学をめざしたきっかけは?
児童福祉司になるという夢があり、高校でも福祉を学んでいました。大学選びの際、担任の先生に目標を伝えたところ、日本福祉大学の社会福祉学部を紹介していただき、進学を決めました。

●ゼミでの学びや卒業研究は?
ゼミでは学生が関心のあるさまざまなテーマについてみんなで話し合い、自分の意見を伝える力が身につきました。卒業研究のテーマは「多胎児家庭ときょうだい数の多い家庭の子育て」。インタビューを通して親や子の思いを聞き、自分の経験とは異なる各家庭の実情を知ることができました。

●卒業後の目標は?
子ども専修で学ぶ中で、子どもの預け先や頼れる存在が不足していることなど、さまざまな要因で孤立する家庭・母親を児童福祉司として助けたいという思いが強くなり、社会福祉職として愛知県への就職を決めました。児童相談所以外にも生活保護や母子・障害者支援に関する部門への配属があり、幅広い支援に関わりたいと考えています。


●高校生へのメッセージを!
実務経験が豊富な先生方のお話は興味深く、学生に実践の機会を提供してくださるので活動の場が大学外にも広がります。また、熱意ある先輩・後輩との交流を通して視野が広がり、自分自身の新たな一面も見つかります。多くの経験を積み成長したい人にはぴったりな環境だと思います。

MY LEARNING STAGES

1年次 幅広く人と関わり視野が広がる。
手話サークル・ビーチバレーサークル・災害ボランティアセンター、学生支援センターの4つのサークル・組織に所属しました。授業とすべての活動を両立することには苦労しましたが、学部・学年問わず多くの人と関わることでコミュニケーション能力が向上し、幅広い視点や考え方を得ました。

2・3年次 積極性を大切に実習に取り組んだ。
障害児入所施設の実習では、子どもたちとの関わり方・多職種連携の意義・個別支援計画の作成などを学びました。短い期間で何をどのように身につけるのかをしっかりと考えて臨むことや、実習生としての自覚を持ち、積極的に質問して学びを深める姿勢の大切さを実感しました。

4年次 行政の仕事を通して課題が明確に。
「ソーシャルワーク実習」では瀬戸市役所を訪れ、市が運営する子どもの居場所づくりのための施設や、子どもたちが意見交換を行う「子ども・若者会議」の様子を見学しました。子どもや保護者との関わりを通じて、親子が社会で孤立・抑圧されない社会づくりの重要性を学びました。

日本福祉大学 入学広報課

オープンキャンパスや、入試など
日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます!

日本福祉大学の最新情報をLINEでチェックできます! 登録はこちらから 2023年4月 アカウントが
変わりました!