News&Topics

2017年度日本福祉大学心理臨床研究センター講演会
アスペルガー的人間の時代
−青年たちの心にどう向き合うのか−

 アスペルガー症候群への関心が過剰とも思えるほど高まっている。いまや臨床の現場を越えて、どこの学校でも‘アスペっぽい’人たちがすそ野を拡げていて、青少年の心一般を理解するうえでもアスペルガー問題は避けて通ることができなくなっている。ところがこの状況にどのように向き合えばいいのか、固有の物語(アイデンティティ)に縛られない彼らは、しばしばわれわれの予想をはるかに越えてしまい、なかなかアクセスポイントが見つからない。とにかく肝心なことは、彼らの内面で何が起こっているのかを把握し、そこに出没する「みえるもの」/「みえないもの」の反転を見逃さないこと。この講演ではアスペルガー的人間の心にどのような秘密が隠されているのか、いくつかのケースを手がかりに、その謎をひも解いていきたいと思う。

概要

◆日時

2018年3月4日(日) 10:00〜12:00

◆場所

日本福祉大学名古屋キャンパス 北館8階

◆定員

100名 (先着順)

◆申し込み期限

2018年2月24日(土) (定員になり次第締め切らせていただきます。)

◆参加費

無料

◆参加
◆主催

日本福祉大学心理臨床研究センター

◆申し込み・お問い合わせ先

日本福祉大学 心理臨床研究センター(心理臨床相談室)
shinri-kouza@ml.n-fukushi.ac.jp

申込フォーム

プログラム

9:30 受付開始
10:00 <開会>
10:00

11:30
<講演>

アスペルガー的人間の時代
−青年たちの心にどう向き合うのか−

講師 大饗 広之
(日本福祉大学子ども発達学部 教授)

11:30

12:00
<質疑応答>
講師プロフィール

【略歴】
広島大学医学部卒業。静岡県立病院養心荘(こころの医療センター)、大垣市民病院精神神経科、名古屋大学医学部精神科講師を経て、日本福祉大学子ども発達学部心理臨床学科教授。医学博士。専門は精神医学、精神病理学。

【著書】
『幻想としての〈私〉: アスペルガー的人間の時代』(勁草書房, 2017)
『なぜ自殺は減らないのか』(勁草書房, 2013)
『「豹変する心」の現象学』(勁草書房, 2009)ほか。

会場案内

◆日本福祉大学 名古屋キャンパス会場 交通案内
  • JR「鶴舞」駅下車、徒歩2分

  • 地下鉄鶴舞線「鶴舞」駅下車、徒歩2分。

※車でお越しの際には、近隣の有料駐車場をご利用ください。
大学駐車場なし

日本福祉大学 心理臨床研究センター
(心理臨床相談室)
〒460-0012 名古屋市中区千代田5-22-35

News&Topicsへ戻る