日本福祉大学 子ども発達支援室

子ども発達支援室について

「子ども発達支援室」は2008年4月に「こころのサポートセンター」の業務を引き継ぎ、名古屋キャンパスにある「心理臨床研究センター」の分室として開設しました。

9号館写真

支援室長からのご挨拶

 こども発達支援室は、主に心理学や福祉の立場から、地域と連携して子どもたちの発達などの支援を行うことを目的に活動しています。
 少人数のスタッフで週1日開室しているだけの学内でも目立たない小さな部署ですが、その規模に反して、地域のみなさまからは様々なお声掛けをいただき、子どもたちの支援に関して大学に寄せる期待の大きさやニーズの多様さをひしひしと感じています。現在は、その私たちと地域をつなぐ力として、多くの学生たちがボランティアとして地域の学校や適応支援室などへ出て活動してくれています。我々はそのボランティア学生を通して間接的な支援を行いながら、今後、支援室で何ができるのか、また大学の組織の中で本支援室をどう位置付けていくことができるかを模索している最中です。
 今後多くの方からのご意見をいただき、ひそやかですが確実に活動を行っていきたいと思っています。

子ども発達支援室室長
子ども発達学部准教授
堀 美和子