学生支援センター

障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

3 学内の施設とその使い方 −(5) 学生支援センター−

学生支援センターは障害学生とサポート学生の相談窓口です。また、障害学生・サポート学生・支援団体の情報交換の場として、どなたでもご利用できます。

1.連絡用BOXの設置
2.障害学生用コピー機・FAX
3.障害学生用ロッカーの貸し出し
4.休憩室
5.掲示板・パンフレット台の利用
6.サロン・学生支援センター分室
7.点訳・触図作成用の機材
8.その他貸し出しできるもの

1.連絡用BOXの設置

支援団体・障害学生団体用BOX

 

支援センターからの連絡事項を入れるBOXです。各団体内の配布物等の保管場所としても利用してください。
視覚障害学生用点訳・音訳BOX

 

点訳・音訳が完成したものの受け渡しと、原稿の返却のためのBOXです。
学生スタッフ用連絡BOX 学生スタッフへの伝達物を入れておくBOXです。

2.障害学生用コピー機・FAX

★障害学生・サポート学生・支援団体は、学生支援センターのコピー機を一枚5円で利用することができます。

<利用の手順>  美浜キャンパス.

  1. 学内の証明書発行機で「コピーカード発行願」を購入する。
    例 200枚コピー→1000円の証紙
  2. 学生支援センター窓口へ提出し、コピーカードを受け取る。
  3. コピーカードをコピー機横のカードリーダーに差しこんでからコピーを開始する。
?
  • ※学生支援センターが発行したコピーカードは生協では使えません。
  • ※学生支援センターのコピー機は車いす対応になっていません。コピーに介助が必要な場合は、できるだけ自分でサポート学生を確保してください。サポート学生が見つからない場合は、学生支援センター職員へ相談してください。
  • ※半田キャンパスでの障害学生支援用コピー機 ( 1枚5円) についての詳細は、情報社会科学部事務室までお尋ねください。

 

障害学生用コピーFAX複合機障害学生用コピーFAX複合機

 

★コピー機はFAXとして使うことができます。障害学生は無料で利用できます。そのほかの学生がFAX送信に利用する場合は、1回につき10円必要です。

 

<利用の手順> 
  1. 学生支援センター職員に利用を申し出てください。
  2. 有料の場合は、FAX利用記録に記入し、その場で利用料を現金で支払ってください。
  3. 学生支援センターから領収書を発行します。
 

3.障害学生用ロッカーの貸し出し

希望者に対してロッカーの貸し出しをしています。学生支援センターか、半田キャンパス半田事務室へ申し込んでください。

 

<設置場所>

美浜キャンパス

コミュニティセンター1階学生支援センター前

半田キャンパス

教育研究棟1階

4.休憩室

休憩室は、障害学生の休憩や女子学生の着替えのために使うことが出来ます。

<設置場所>

美浜キャンパスコミュニティセンター1階

<利用の方法>
  1. 休憩室入り口の利用予約表に使いたい日時と名前を記入してください。
  2. 休憩室の利用希望者が重複したときは、学生支援センターへ申し出てください。休憩室以外での休憩が難しい身体状況の方の利用希望がある場合は、譲っていただくようにお願いすることがありますので、ご協力ください。
  3. 利用終了後は、使った人が責任を持って電気とエアコンを切るようにしてください。

 

休憩室の様子

休憩室の様子

  5.掲示板・パンフレット台の利用

コミュニティセンターの掲示板とパンフレット台に、サポート学生募集チラシを掲示することができます。支援団体や障害学生団体の紹介、行事のPRなどにも使うことができます。希望者は学生支援センターへ申し出てください。チラシの内容に変更があったときは、すみやかにチラシを変更してください。

チラシは学生支援センターで印刷できます。

6.学生支援センター分室

支援団体・障害学生団体の活動のために使うことができます。鍵は、学生支援センター窓口で学生証と引き換えに貸し出します。

 

 

場所/設備 利用状況
支援センター
分室
コミュニティセンター2階/VICC活動備品、点訳用パソコン・プリンター・机・いす10名程度利用可能 VICC・てんてん・PCT・くまじの活動拠。
点他の団体も利用可能です。
支援センター
分室2
12号館5階インキュベータールーム/字幕付け用機材机・いす5名程度利用可能 くまじの活動拠点。

7.点訳・触図作成用の機材

★点訳用パソコン

点訳ソフト・・・EXTRAVer.4

ハートコミュニケーション

ぶれいるパターン

★点字プリンター (両面同時印刷可)

点字用紙は学生支援センターにあるものを無料で使うことができます。

★立体コピー機

立体コピー機で作成したキャンパスの案内図

立体コピー機で作成したキャンパスの案内図

 

★点字タイプライター

★ノートパソコン (視覚障害者用) 読み上げソフトインストール済み (インターネット・プリンタ未接続)

8.その他貸し出しできるもの

障害学生や支援活動に必要な機材を、学生に対し貸し出しています。

<支援センターで使用できるもの>
  • 車いす・空気入れ
  • 点字タイプライター
  • ノートパソコン(視覚障害者用)読み上げソフトインストール済み 2台
  • ノートパソコン(パソコンテイク用)音声入力ソフトインストール済み 2台
  • スキャナ(キャノスナップ)
  • 点訳用パソコン 2台
  • 点字プリンター2台
  • 立体コピー機
  • 音訳用パソコン 1台
  • ビデオデッキ・モニターのセット
<支援センターから貸出できるもの>
  • ネットトップタイプのノートパソコン8台(聴覚障害学生とのディスカッション用)
  • 車いす(手動)
  • 音訳用卓上マイク 3台
  • プレックストーク(音訳用)
  • アイマスク
  • ノイズキャンセリング機能付きヘッドホン
  • ホワイトボード(ディスカッション用)

TOP


教職員の方へ

障害学生支援ガイド

障害学生支援ガイド(ゼミ・演習クラス編)

支援活動をする学生の方へ

ボランティア講座

障害学生(高校生)の方へ

障害のある学生のための大学生活セルフコーディネート(入学準備編)


窓口時間・連絡先

障害のある受験生の方へ

日本福祉大学の障害学生支援について

1 学生支援センターの役割

2 障害のある学生の役割

3 支援を受ける前に考えること


障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度

(1)受講上の配慮

受講上の配慮の実施例

(2)期末試験の配慮

★視覚障害学生への配慮

★聴覚障害学生への配慮

★肢体不自由・その他の障害のある学生への配慮

(3)特別科目の実施

(4)オリエンテーション・ガイダンス

(5)障害学生援助金制度

(6)学生支援センター学生スタッフ

(7)環境整備

(8)ボランティア活動支援の制度

聴覚障害学生の支援活動

視覚障害学生の支援活動

肢体障害学生の支援活動

2 学生による支援

(1)障害のある学生の取り組み

(2)サポート活動をしたいときは

(3)支援するとき・支援を受けるとき

(4)障害学生支援の共通ルール

(5)学生サークルの紹介

3 学内の施設とその使い方

(1)学内の移動と安全対策

(2)教室・講義棟の設備

(3)視覚障害学生のための設備

(4)その他の設備

◆(5)学生支援センター

(6)図書館

(7)保健室

(8)学生相談室

4 通学・学外での生活について

(1)通学

(2)アパート・寮での生活

5 キャンパスライフを広げよう

(1)資格取得について

(2)教職課程を登録するにあたって

(3)社会福祉実習について

(4)CDPについて

(5)進路・就職について

(6)アルバイト・ボランティア・サークル

6 参考資料

(1)日本福祉大学における障害学生対応の沿革

(2)障害学生数

(3)ボランティア活動

(4)キャンパスマップ(美浜キャンパス)

(5)キャンパスマップ(半田キャンパス)

Copyright(C)2005 Nihon Fukushi University All Rights reserved.