学生支援センター

障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

2 学生による支援 −(5) 学生サークルの紹介−

1.障害のある学生の団体

★日本福祉大学聴覚障害学生有志団体

活動内容:大学生活を送る上でさまざまな問題や壁をなくすための活動情報保障の確立を目指す、聴覚障害学生の悩みを話し合う、聴覚障害者問題研究・情報収集・調査・実践。

★視覚障害学生問題対策委員会 ブラインドシップ

活動内容:自分が抱えている問題を持ち寄って、まずは自分たちで解決。そこで解決が難しければ、他団体と交渉・調整します。

活動日時、場所:月1回程度 不定期

美浜キャンパス等

★カラフルキャンパス(肢体障害学生と友達の交流サークル)

肢体障害のある学生やサポートをしている学生、友達などが集まって、ランチ会や外出イベントなどを通じて、交流をするサークルです。

活動日時、場所:月1回程度、不定期

美浜キャンパス学生支援センターなどで活動

2.支援活動をしているサークル

 

活動内容 活動日時・場所
にゅ〜てんてん 視覚障害学生のために、講義などの資料・レジュメを点訳、触図作成 空き時間に支援センターで活動。
毎週1回昼休みにミーティング。
くまじ 聴覚障害学生のために講義で使用する映像教材への字幕づけと字幕づけ映画の上映会開催 空き時間に学生支援センター分室で活動。
毎週1回ミーティング。
PCT 講義でパソコンテイクを実施 各自の可能な時間でシフトを組んで活動。
毎週1回ミーティング。

 

★サークルを作ってみませんか?

サポートを必要としている学生は、大学に数多くいます。以下のような支援を行う団体を自分たちで組織して立ち上げてみませんか?

学生支援センターが活動場所や活動に必要な機器など、バックアップします。

 

*ノートテイク/ポイントテイク/OHCテイク

*テープ起こし

*手話通訳

*生活介助

*ガイドヘルプ、代筆、パソコン支援

TOP


教職員の方へ

障害学生支援ガイド

障害学生支援ガイド(ゼミ・演習クラス編)

支援活動をする学生の方へ

ボランティア講座

障害学生(高校生)の方へ

障害のある学生のための大学生活セルフコーディネート(入学準備編)


窓口時間・連絡先

障害のある受験生の方へ

日本福祉大学の障害学生支援について

1 学生支援センターの役割

2 障害のある学生の役割

3 支援を受ける前に考えること


障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度

(1)受講上の配慮

受講上の配慮の実施例

(2)期末試験の配慮

★視覚障害学生への配慮

★聴覚障害学生への配慮

★肢体不自由・その他の障害のある学生への配慮

(3)特別科目の実施

(4)オリエンテーション・ガイダンス

(5)障害学生援助金制度

(6)学生支援センター学生スタッフ

(7)環境整備

(8)ボランティア活動支援の制度

聴覚障害学生の支援活動

視覚障害学生の支援活動

肢体障害学生の支援活動

2 学生による支援

(1)障害のある学生の取り組み

(2)サポート活動をしたいときは

(3)支援するとき・支援を受けるとき

(4)障害学生支援の共通ルール

◆(5)学生サークルの紹介

3 学内の施設とその使い方

(1)学内の移動と安全対策

(2)教室・講義棟の設備

(3)視覚障害学生のための設備

(4)その他の設備

(5)学生支援センター

(6)図書館

(7)保健室

(8)学生相談室

4 通学・学外での生活について

(1)通学

(2)アパート・寮での生活

5 キャンパスライフを広げよう

(1)資格取得について

(2)教職課程を登録するにあたって

(3)社会福祉実習について

(4)CDPについて

(5)進路・就職について

(6)アルバイト・ボランティア・サークル

6 参考資料

(1)日本福祉大学における障害学生対応の沿革

(2)障害学生数

(3)ボランティア活動

(4)キャンパスマップ(美浜キャンパス)

(5)キャンパスマップ(半田キャンパス)

Copyright(C)2005 Nihon Fukushi University All Rights reserved.