学生支援センター

障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度 −(8)ボランティア活動支援の制度−

1.ボランティア登録

2.障害学生支援活動奨励制度

3.サークル援助金の支給

4.支援スキルの養成

5.障害学生支援活動のPR

6.学生との懇談会の実施

1.ボランティア登録

学生支援センターでは、障害学生の要請に基づいて、支援してくれる学生を募集し、サポート学生を派遣するコーディネートなどを行っています。

2012年度は356人の学生がボランティア登録をしていました。

★ ボランティア登録のしかた

ボランティア登録用紙に、連絡先、活動希望と、活動可能な時間などを書いて、窓口へ提出してください。

★ ボランティア活動の依頼

障害のある学生から学生支援センターへボランティアを派遣してほしいという相談があったときには、派遣希望の条件にあうボランティア登録者に対して、学生支援センターからメールや電話で連絡をします。活動可能であれば、支援を求めている学生を紹介し、活動をしていただきます。

★ ボランティア活動希望

ボランティア登録をするときに、どのような活動を希望するか、どのような活動ができるかを登録していただきます。

<登録を受け付けている支援活動>

ボランティア登録用紙を支援センターに提出

ボランティア活動の依頼メールが届く

条件にあったメールがあれば返信

ボランティア活動開始!

★ ボランティア保険

ボランティア登録者は全員ボランティア保険へ加入します。費用は大学が負担します。

【 ボランティア保険について 】

支援活動中に事故などにより、サポート学生がケガをした場合や、障害学生にケガを負わせた場合等に、保険金が支払われます。

万一の事故に備えて、お互いのためにも、必ずボランティア保険に加入するようにしてください。

例:障害学生のアパートで洗濯を手伝っていたら、誤ってアパートの洗濯機を壊してしまったので、お金を払って修理をした。

例:大学でトイレ介助をしていたとき、誤って転倒して、手首を捻挫。接骨院に1週間通って治療した。

 

<ボランティア登録の窓口>

美浜キャンパス 学生支援センター
半田キャンパス 半田事務室
東海キャンパス 東海事務室

 

<登録を受け付けている支援活動>

 

障害 支援の内容支援団体名称.
ノートテイク 聴覚 講義などで教員が話した内容を、ノートに書き取る。たけのこ.
OHCテイク 聴覚 講義などで障害学生が複数いる場合に、ノートテイク内容を、OHCをつかってノートをモニターに映しだす。
パソコンテイク 聴覚 講義などでパソコンを使用して教員が話した内容を文字化する。PCT.
ポイントテイク 聴覚・肢体 講義などで上肢機能障害の学生のためにポイントを書き取る。
手話通訳 聴覚 行事や窓口などで話した内容を手話で聴覚障害学生に通訳する。また、聴覚障害学生の手話を読み取り、健聴者に音声で伝える。
VTRのテープ起こし 聴覚 講義で使うビデオ教材などの音声を紙面に文字化する。くまじ.
ビデオ字幕付け 聴覚 講義で使うビデオ教材に字幕付けを行う。くまじ.
ガイドヘルプ 視覚 学内での歩行介助および誘導、買い物の補助など。
点訳・触図作成 視覚 講義などの資料・レジュメを点訳し、図やグラフなどは触図を作成しますパソコンで専用のソフトを使用.。にゅ〜てんてん.
音訳・対面朗読 視覚 講義などの資料・レジュメを音訳する。テキストや文献などを対面で朗読する。ふきっこ.
リーディングサービス 視覚 講義などで板書やレジュメを音読する。
教科書や資料のデータ起こし 視覚 講義で使う教科書や資料をスキャナで読み込み、パソコンの読上げ機能を使って読むことが出来るようにデータ化する
パソコン操作補助 視覚・肢体 オンデマンド授業や課題作成のために、パソコンを操作するときに、レイアウトを確認したり、印刷の操作を補助する。
代筆 視覚・肢体 講義や申請手続きなどで、本人の指示により、必要な事項を用紙に文字で記入。
生活介助 肢体 移動の介助、見守り。

食事、トイレ等の介助。荷物の運搬の補助。

2.障害学生支援活動奨励金

日本福祉大学では、学生の皆さんに積極的にボランティア登録をしていただき、継続的な支援活動を奨励するために、障害学生支援活動奨励制度を設けています。

募集については、NFU.JPの掲示板や学生支援センター前の掲示板などでお知らせします。

★ 対象

ボランティア登録をしている学生で、障害学生支援活動を行った方

★ 支給額と算定基準2008年度予定.
種別  奨励金等 基準 
第1種   3,000円または相当する金券 7回以上15回まで行った者およびそれに相当する支援活動を行った者。
第2種 5,000円または相当する金券 16回以上30回まで行った者およびそれに相当する支援活動を行った者。
第3種 10,000円または相当する金券 31回以上45回まで行った者およびそれに相当する支援活動を行った者。
第4種 15,000円または相当する金券 46回以上行った者およびそれに相当する支援活動を行った者。

 

★募集期間
募集対象期間 募集期間
2月〜7月 7月
8月〜1月 1月

 

<障害学生支援活動奨励制度の窓口>
美浜キャンパス 学生支援センター
半田キャンパス 半田事務室
東海キャンパス 東海事務室

3.サークル援助金の支給

学生支援センターでは、ボランティア活動をしている支援団体と障害のある学生への育成・支援活動が活発な団体に対して、サークル援助金を支給しています。

各サークルは、毎年1月ごろに活動報告を学生支援センターへ提出します。その報告書の活動実績に応じた金額で、援助金を支給しています。活動報告の内容は学生支援センターの年報にも掲載しています。

2012年度支給団体

美浜キャンパス 半田キャンパス
・にゅ〜てんてん(点訳)
・PCT(パソコンテイク)
・くまじ(ビデオ字幕付け)
・学内聴覚障害学生有志団体
・カラフルキャンパス(肢体障害学生交流サークル)
(申請なし)

4.支援スキルの養成

★ボランティア講座

学生支援センターでは、ボランティアの養成とスキルアップを目的として、「ボランティア講座」を開催しています。

ボランティア講座の開催については、ボランティア登録している学生全員にメールでお知らせします。支援活動のスキルアップや、障害学生への理解を深めるためにも、積極的に参加してください。

◆2012年度 実施例
美浜キャンパス 半田キャンパス
・ノートテイク相談会
・テイカー交流会
・視覚障害学生福祉用具展示会
・肢体障害学生オセロ交流会
・マッチング会
・新入生歓迎会
・お疲れさまクリスマス会

 

★ボランティア関連科目の開講

全学教育センター科目として、学内の障害学生支援活動にも関連する科目を開講しています。

・視覚障害者支援論

・ろう文化と手話

5.障害学生支援活動のPR

学生支援センターでは、学内の支援活動を充実させるために、支援活動のPRとボランティア登録者の増員を目指して、次のような事業を実施しています。

新入生オリエンテーション障害学生支援活動オリエンテーション(4月)

1年生全員を対象としたオリエンテーションで、日本福祉大学の障害学生支援の仕組みについて説明しています。また、障害のある学生がチラシを配布したり、自己紹介をするなど、サポート学生を確保しやすい環境づくりに努めています。

障害学生オリエンテーション

ゲスト講義の実施(5月〜7月)

全学部の1年生を対象とした講義の中で、学内でできる障害学生支援のボランティア活動について紹介しています。

ボランティア論ゲスト講義

★学生支援センターのPR

コミュニティセンターにある学生支援センター前の掲示板には、ボランティア募集のチラシを掲示しています。また、毎月学生支援センターニュースを発行し、教員と学生支援センター利用者に配布しています。

6.学生との懇談会の実施

  • ★障害学生のつどい
    毎年4月に新しく入学した障害のある学生やサポート活動への参加を希望する学生と、上級生の障害学生・サポート学生との交流会を実施しています。
  • ★学長を囲む会
    年1回、学長や学生支援センター運営委員も参加して、障害学生や支援活動をしている学生からの活動の報告と意見交換をしています。
  • ★ボランティア交流会
    年数回、障害学生とサポート学生をまじえて、交流会を実施しています。いろいろな障害の学生や学年や学部の違う学生と知り合うことにより、違う考えを聞けたり、新たなネットワークが広がるきっかけとなっています。
    ボランティア交流会

TOP


教職員の方へ

障害学生支援ガイド

障害学生支援ガイド(ゼミ・演習クラス編)

支援活動をする学生の方へ

ボランティア講座

障害学生(高校生)の方へ

障害のある学生のための大学生活セルフコーディネート(入学準備編)


窓口時間・連絡先

障害のある受験生の方へ

日本福祉大学の障害学生支援について

1 学生支援センターの役割

2 障害のある学生の役割

3 支援を受ける前に考えること


障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度

(1)受講上の配慮

受講上の配慮の実施例

(2)期末試験の配慮

★視覚障害学生への配慮

★聴覚障害学生への配慮

★肢体不自由・その他の障害のある学生への配慮

(3)特別科目の実施

(4)オリエンテーション・ガイダンス

(5)障害学生援助金制度

(6)学生支援センター学生スタッフ

(7)環境整備

◆(8)ボランティア活動支援の制度

聴覚障害学生の支援活動

視覚障害学生の支援活動

肢体障害学生の支援活動

2 学生による支援

(1)障害のある学生の取り組み

(2)サポート活動をしたいときは

(3)支援するとき・支援を受けるとき

(4)障害学生支援の共通ルール

(5)学生サークルの紹介

3 学内の施設とその使い方

(1)学内の移動と安全対策

(2)教室・講義棟の設備

(3)視覚障害学生のための設備

(4)その他の設備

(5)学生支援センター

(6)図書館

(7)保健室

(8)学生相談室

4 通学・学外での生活について

(1)通学

(2)アパート・寮での生活

5 キャンパスライフを広げよう

(1)資格取得について

(2)教職課程を登録するにあたって

(3)社会福祉実習について

(4)CDPについて

(5)進路・就職について

(6)アルバイト・ボランティア・サークル

6 参考資料

(1)日本福祉大学における障害学生対応の沿革

(2)障害学生数

(3)ボランティア活動

(4)キャンパスマップ(美浜キャンパス)

(5)キャンパスマップ(半田キャンパス)

Copyright(C)2005 Nihon Fukushi University All Rights reserved.