学生支援センター

障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度 −8 ボランティア活動支援の制度−

肢体障害学生の支援活動

ポイントテイク・代筆

肢体障害学生がノートを自分でとることが困難な場合は、講義にポイントテイカーを配置することができます。ポイントテイカーは、サポートを受ける障害学生の指示により、板書や講義の要点を書き取ります。また、教員がテキストやレジュメを読み上げるときに、ページをめくるなどの支援をします。通常の講義では、1名で支援しています

講義中に出欠の用紙を提出しなければならない場合や、提出書類を手書きで記入しなければならないときは、サポートを受ける障害学生の指示により、サポート学生が代筆して提出することができます。

サポート学生を探すのは障害学生自身です。必要な支援を確保できないときは、学生支援センターのボランティア登録者から一緒に探すことができますのでご相談ください。

パソコンの操作補助

肢体障害学生が学内外でパソコンを操作するときに、どうしても自分で出来ない操作を代わりに代行したりして、補助します。操作しやすい場所にパソコンをセットしたり、プリントアウトしたものを取りに行ったりすることもあります。

生活介助

車いす・松葉杖などの利用に伴う困難や、階段や段差の昇降、扉の開閉、自動車等の乗降、トイレ使用の時など学内での生活上困難な事項をサポートします。支援の方法は一人ひとり違いますので、障害学生自身からどのようにサポートしてほしいか指示するようにしてください。

障害学生自身が支援者を探しますが、支援者が確保できないときは、学生支援センターに相談してください。

通学や下宿生活での介助が必要な場合は、学生同士の支援だけでは困難な場合もあります。学外のサービス利用も含めて検討しましょう。

介助の技術について、トイレやベッドへの移乗などの介助は、本人にも介助者にも危険が伴います。障害学生は家族や医療機関・介護事業者などと相談して、自分で適切な介助方法を説明できるようにしておいてください。

サポート学生もお互いの安全のために、適切な援助方法について学習するようにしましょう。学生支援センターでは生活介助の講座も実施しています。希望に応じた内容で開催できますのでご相談ください。

TOP


教職員の方へ

障害学生支援ガイド

障害学生支援ガイド(ゼミ・演習クラス編)

支援活動をする学生の方へ

ボランティア講座

障害学生(高校生)の方へ

障害のある学生のための大学生活セルフコーディネート(入学準備編)


窓口時間・連絡先

障害のある受験生の方へ

日本福祉大学の障害学生支援について

1 学生支援センターの役割

2 障害のある学生の役割

3 支援を受ける前に考えること


障害学生とサポート学生のためのキャンパスガイド

1 障害学生支援の制度

(1)受講上の配慮

受講上の配慮の実施例

(2)期末試験の配慮

★視覚障害学生への配慮

★聴覚障害学生への配慮

★肢体不自由・その他の障害のある学生への配慮

(3)特別科目の実施

(4)オリエンテーション・ガイダンス

(5)障害学生援助金制度

(6)学生支援センター学生スタッフ

(7)環境整備

(8)ボランティア活動支援の制度

聴覚障害学生の支援活動

視覚障害学生の支援活動

◆肢体障害学生の支援活動

2 学生による支援

(1)障害のある学生の取り組み

(2)サポート活動をしたいときは

(3)支援するとき・支援を受けるとき

(4)障害学生支援の共通ルール

(5)学生サークルの紹介

3 学内の施設とその使い方

(1)学内の移動と安全対策

(2)教室・講義棟の設備

(3)視覚障害学生のための設備

(4)その他の設備

(5)学生支援センター

(6)図書館

(7)保健室

(8)学生相談室

4 通学・学外での生活について

(1)通学

(2)アパート・寮での生活

5 キャンパスライフを広げよう

(1)資格取得について

(2)教職課程を登録するにあたって

(3)社会福祉実習について

(4)CDPについて

(5)進路・就職について

(6)アルバイト・ボランティア・サークル

6 参考資料

(1)日本福祉大学における障害学生対応の沿革

(2)障害学生数

(3)ボランティア活動

(4)キャンパスマップ(美浜キャンパス)

(5)キャンパスマップ(半田キャンパス)

Copyright(C)2005 Nihon Fukushi University All Rights reserved.