このページのメインコンテンツへ移動
人

「ふくし」は人

在校生、卒業生、教職員など本学に関係する“人”をクローズアップします。

子どもたちに自信を。
そして、挑戦する気持ちを。

白木 里佳さん

子ども発達学部 2015年3月卒業
岐阜県/大垣東高等学校 出身
岐阜本巣特別支援学校
特別支援学校教諭

子ども発達学部WEBサイト

※所属や肩書は当時のものです。

 担当する小学部4年生の、発語のない子ども。伝え方が分からず相手をつかんだり叩いたりしてしまう代わりに、人に何かしてほしいときには絵が描かれたカードを渡すよう、根気強く教えました。カードを渡して伝えるという行為の意味と、描かれた絵の意味を理解すると、「図書館に行きたい」「ご飯をおかわりしたい」といった意思表示ができるようになりました。そして他人に興味を持って自分から近づいていったり、感情の起伏をコントロールできるようになってきたりと、変化が出てきました。決まったカリキュラムはなく、一人ひとりの子どもに合わせて、教育のねらいと方法を考えることが、この仕事の難しさであり、やりがいです。大切にしているのは、子どもたちがどんどん自信をつけ、もっと挑戦したいという気持ちになるよう、小さなことでも誉めること。講義内容や、障害のある友人との関わり、放課後等デイサービスのアルバイト、よさこいサークルでの活動など、大学時代の経験をすべて活かし、子どもたちが毎日楽しく学校に来られるよう工夫しています。まだ2年目ですが、教員は社会に出た瞬間からが専門家。受け持つ子どもも毎年変わります。目の前の子どもたちのために何ができるかを、これからも毎年考え、実行し続けます。

特別支援学校教員採用者数
中部8県で第1位

朝日新聞出版『大学ランキング2018年版』を元に独自集計
※中部8県:東海4県と長野・富山・石川・福井県

(キャンパスガイド2018より転載)

このページの上部へ