このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 山崎 亮氏 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

基調講演「ひとがつくるまち」山崎 亮氏(studio-L代表、東北芸術工科大学教授、慶應義塾大学特別招聘教授)

講演録 「ひとがつくるまち」

  • 講師:
    山崎 亮氏(studio-L代表、東北芸術工科大学教授、慶應義塾大学特別招聘教授)
  • 日時:
    2015年11月22日(日)
  • 会場:
    東海市芸術劇場

※所属や肩書は講演当時のものです。

 私は、東海市で生まれ、細井平洲記念館のすぐ下のところで2歳まで育ちました。幼かったので記憶は全くありませんが、東海市はなじみがあるまちです。今日は、私が関わっているプロジェクトの中で、人が中心の事例についてお話しして、それが徐々に福祉の方につながっていけばと思っています。

1.観音寺のまちづくり

 香川県観音寺市の人口は6万2000人です。やや少ないので東海市の方々は直接的には参考にならないかもしれませんが、人口が少なくなってきている所や、局所的に商店街がシャッター街になっている所は、全国にかなりあると思います。観音寺市の商店街も、全国どこにでもあるようなシャッター街です。

 そこの商店主の方々は、30人ぐらい集まって、イベントをしたり特典を考えたりして商店街を活性化しようとしたけれど、全然売り上げが上がらず困っていました。商工会議所に相談に行ったところ、大阪にいる山崎というのが地域の人たちの力で地域を元気にしていこうという活動をしているらしいということで、私が呼ばれました。商店主たちはみんな50代以上になってしまっています。若い人がお店を出していないのです。私が「どうですか、最近の商店街は」と聞いても、おっちゃんたちは最近の話はしてくれません。「これでも1980年代ぐらいまでは、人と人の肩がぶつかるぐらいにぎわっていたんだぞ」という話から始まります。これはある種の洗礼のようなもので、「そうですか。それはすごいですね」と、まず受け入れないといけません。最近勉強したのですが、これは社会福祉の分野では非審判的態度と言われるそうですね。受け入れると、おっちゃんたちの目が象のように悲しい目になって、やっと最近の話ができるようになります。

 おっちゃんたちは、絶大なる自信を持って、全員一致で「商店街におもろいところなんかない」と言い切りました。しかし、案内してもらうと一つだけありました。人口減少最先端のまちに、最先端の状態が生まれていたのです。それがショップ・イン・ショップです。例えば、下着屋さんの片隅にケーキ屋さんが入っています。お父さんとお母さんが下着屋をやっていたのですが、息子がパティシエになり、ケーキ屋を開きたいのだけれど、空き店舗を借りて設備投資するのはリスクが高いので、両親がうちの棚を寄せてあげるから、ここでケーキ屋をやれということで入ったそうです。私はこれを発見したとき、身震いがして、すぐに写真を撮りました。これは女性にとっては夢の組み合わせです。女性が気に入った下着を手に入れると、うれしくなって甘いものが食べたくなります。すると、ケーキを売っているので、買って食べます。食べると太るわけです。太ると下着のサイズが合わなくなるので、また下着を買いに行きます。まさにこれはマッチポンプですよね。他にも、花屋・雑貨屋だけどカフェが入っていたり、呉服屋だけどパンも売っていたり、「ダイエークリーニング」の中に「餃子の大英」が入っていたりと、秀逸です。

 観音寺商店街では、1945年ごろからお店が増え、1970年代には商品を置けばじゃんじゃん売れました。しかし、2000年代になると郊外型の大型店舗やインターネットショッピングサイトなどが次々にできて、商店街になかなか買い物に来てくれなくなり、お得意さんが買ってくれるものしか棚に並ばない状態になりました。最近は地方の商店に行くと、どこもちょっと棚がスカスカです。こんな状態のとき、例えば息子がパティシエになって帰ってきたら、お父さんとお母さんは下着屋さんらしく棚を「寄せてあげる(上げる)」のでしょうね。そうして新しい業態が入ってくるわけです。

 私は、もしそうだとすれば、別に息子でなくてもいいのではないかと思い、おっちゃんたちに、本業の他に土日だけカフェや雑貨屋を開いてみたいと考えている若い人に場所を貸してはどうかと提案しました。すると、おっちゃんたちは「ええやん」と言って、家賃の話をし始めたのです。私はただで貸してもらおうと思っていたので、なぜ自分が交渉しないといけないんだと思いながらもおっちゃんたちを説得し、家賃を数千円に設定して、商店街の店をショップ・イン・ショップだらけにすることを考えました。これが1年目のワークショップでした。

 しかし、おっちゃんたちには若い人たちと知り合うすべがありません。そこで、2年目のワークショップでは、どうすれば50~70代のおっちゃんたちが店を開きたい若者と知り合えるか、戦略を練りましたが、結局、何のアイデアも浮かびませんでした。しかし、ワークショップとは全然違うところに、おっちゃんたちが若い人と知り合うきっかけがあったのです。

 おっちゃんたちは、ワークショップよりも、その後の飲み会目当てで集まっているように思えました。「何か意見がありますか」と言っても、「いや別にないわ。本番はこの後やからな」などと言われるわけです。「本番がこの後なら、ワークショップはどないしてくれるんや」ということで、私はワークショップ後の飲み会を禁止したのです。おっちゃんたちは、約束は守ります。しかし、飲みには行きます。おっちゃんたちは一人ずつ、寂しそうに夜のまちに消えていき、ばらばらに自分の行きつけの居酒屋で飲むようになりました。

 すると、一人で飲みに行っても暇だったのでしょう。補聴器のお店をやっている竹内さんが、自分の飲んでいる様子を写メに撮って、Facebookに「今宵もはじまりました」とアップしだしたのです。別の居酒屋に飲みに行っていた人も暇なので、それを見て「あ、竹内さんがつぶやいた」「こっちもはじまりました」などと会話を始め、やがて「今宵もはじまりました」という名のFacebookグループが生まれました。現在、北は北海道から南は沖縄まで、さらにはインドネシアや韓国、台湾、香港など海外の人も含めて、1800人がこのページに登録しています。

 おっちゃんたちは、自分たちの活動は世界的に注目を集めていると思い込み、動画配信サイトを使って「今宵TV」というテレビ番組を始めました。それを聞きつけたJR東日本から連絡があり、神田駅の下にできた商業施設のバーから「今宵TV」をオンエアするということもあって、次第に観音寺の市民が集まるようになってきました。それでさらに調子に乗ったおっちゃんたちは、今度はグッズなどを作り始めたり、いろいろなイベントを行ったりするようになりました。そして、その準備などに若い人たちが関わるようになって、その中から雑貨屋、カフェ、ヘアサロンをやりたいという人たちが出てきたのです。

 ショップ・イン・ショップのような手法は、建築の分野ではクロスプログラミングと言われます。全然違う要素を一緒に入れると、思いも寄らない変化が生まれてくるのです。こうした動きを加速するため、商店街では開業塾なども開いています。

 2年前からは、studio-Lが関わる全国各地のプロジェクトに携わっている人たちを集めて「今宵サミット」を開いています。第1回は観音寺、昨年の第2回は群馬県富岡が開催地で、今年の第3回は新潟県の燕で開かれます。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ