このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 渡辺顕一郎教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

「地域で支える子育て」渡辺 顕一郎 氏(日本福祉大学 子ども発達学部 教授)

講演録 「地域で支える子育て」

  • 講師:
    渡辺 顕一郎 教授(日本福祉大学 子ども発達学部教授)
  • 日時:
    2014年8月30日(土)

※所属や肩書は講演当時のものです。

日本福祉大学の子ども発達学部は2008年に開設され、学校教育専修と保育専修から成り立っています。私は保育専修に所属し、日々、保育の分野で保育士養成に携わっています。今、児童福祉分野全体の中で、子育て支援は非常に重要な位置付けを持つようになってきていますが、それはここ4~5年ぐらいで起こってきた大きな変化です。次年度から「子ども・子育て支援」の新制度が始まり、今年度は「障害児支援の在り方に関する検討会」が始まりました。また、社会的養護の分野では、虐待の発生予防に子育て支援がとても大切だと捉えられています。

子どもの孤独と自己肯定感

現在の子どもの福祉分野における大きな課題は、児童虐待と発達障害と貧困です。それらに加えて、子どもの孤独、そして自己肯定感が低いという課題もあります。2003年にユニセフが行ったOECD加盟国への調査(15歳の子ども対象)では、孤独を感じている子どもの割合は日本がトップでした。「ユニセフレポート」は、「世界で2番目の経済大国の中で起こっている子どもたちの孤独」として警鐘を鳴らしています。また、自己肯定感が低い子どもたちの割合も日本がトップでした。2008年に日本青少年研究所が中・高校生に行った調査でも、同じような傾向が出ています。

社会関係の希薄化

子どもの自己肯定感は、思春期だけでなく、幼いころからの発達の積み重ねの中で育まれていきます。自己肯定感が低い背景には、社会関係の希薄化があります。本来、子育てという営みは、世代を超えた子育て経験の受け渡しと、子育て現役世代の支え合いを中心に成り立ってきました。しかし、現代では、地域の大人や子どもたち同士の交流が減り、子育て家庭が孤立する傾向が高まっています。保守的な性別役割分業がまだ根強く残っている日本では、お母さんが子育てを一人で背負っていくことになり、育児不安や産後うつの問題にもつながっていきます。

動物学の本に、人間の動物学的な大きな特徴として、大人になるまでに大変時間と労力がかかると書かれています。大学生になってもまだ独り立ちできていない。こんなに手間暇がかかる動物は他にいません。だから、人間はアロマザリングといって、母親以外の者が子どもを養育する営みを発達させてきました。祖父母、親族、あるいは地域の中でみんなで子育てをします。動物学的に言えばこれは自然の子育てであり、現在のように家庭の中、しかも母親だけに子育ての負担が集中するのは、とても異常な状態だと言えます。

私が知っているとある子育て支援センターは夜7時まで開いています。夕食の段取りを済ませた母親が、5時過ぎに子どもを連れて次々とやってきます。そして、子どもをたっぷり遊ばせて、疲れさせてから家に連れて帰り、さっと晩ご飯を作って食べさせ、温かいお風呂に入れてから布団の中に放り込む。すると、あしたの朝までぐっすり寝てくれるのです。なぜそうするのかと聞くと、子どもが夜泣きをしたり、足音を立てると、マンションの隣や下の階から苦情が出るからだそうです。このように社会が子育てに対して寛容でなくなってきていることも、一つの大きな特徴です。

先回り育児

母親ばかりに負担がかかり、ぴりぴりしながら子育てをしていくと、「先回り育児」をすることになってきます。「先回り育児」というのは、母親が幼い子どもの遊びを誘導したり、子ども同士の関係に介入しすぎる傾向のことをいい、心理学者の柏木恵子さんが提唱した言葉です。幼児期は自発性がどんどん伸びていく時期です。子どもは決められた遊び方に飽きてくれば、次に、自分でどうやったらもっと楽しめるだろうかと工夫し始めます。それを周りの大人が、「これは駄目でしょ」と介入すると、せっかく芽生えてきた芽を取っていくことになるかもしれません。また、子ども同士のけんかについても、子どもはけんかをすることによって自己主張する力と交渉力を身に付けていくことができます。交渉力とは、相手と折り合いをつけていく力です。ところが、そのけんかそのものが駄目と止められたら、そういうことを学ぶチャンスを奪うことになります。周りがもう少し辛抱強く見守っていてもいいのではないかということです。私も学生たちに、けんかは100%悪いものだと見るのではなく、けんかそのものに意味があるかもしれないと捉えることが大事だと、いつも言っています。

そういう先回り育児が加速していく背景には、お母さんが「私が子どもを守らなければいけない」と過剰に子どもを保護することがあります。もっとゆったり子どもの発達を見守ってほしいと思うのならば、そうしてくださいと言う前に、お母さんの背中ばかりに乗っている育児の負担をもっとみんなで分担し、減らしてあげることが大事です。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ