このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 白尾 久美子教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

「緩和ケアとは」白尾 久美子教授(日本福祉大学看護学部)

講演録 「緩和ケアとは」

  • 講師:
    白尾 久美子教授(日本福祉大学看護学部)
  • 日時:
    2015年7月26日(日)

※所属や肩書は講演当時のものです。

がんとは?

 緩和ケアの中心はがんの話です。がんは、日本人の死因の第1位です。現在、死亡数の一番多いがんは、男性は肺がん、女性は大腸がんです。

 がんには四つのステージがあり、ステージ4が最高で、進行がんの段階です。治療プロセスには、まず手術をする方法、そして薬を使う化学療法、がんを照射する放射線療法という大きく三つの方法があります。今はその一つだけでなく、複数の方法を組み合わせて治療しています。他には量子線による治療や免疫療法などもあります。

 私は長年、急性期で手術を受ける患者さんの看護に携わってきました。がんで手術を受けられる患者さんには、症状がほぼありません。検診などで「がんだから手術が必要です」と言われ、覚悟を決めて臨まれるのです。手術後は当然のごとく、切ったことによる痛みが出ます。

 化学療法は、強い薬を使ってがんをたたく治療です。化学療法は、全身に薬が浸透してしまうことから、当然元気な所も弱ってきます。気持ちが悪くなりますし、お口の中が荒れます。髪の毛が抜けることも多いですし、下痢にもなります。もう一つは末梢神経障害です。冷たいものをより冷たく感じて痛みを感じたりして、感覚が弱くなって、物を落としやすくなったり、しびれる感覚もあります。

 放射線療法は、病巣に向けて放射線を当てます。私の父親は悪性リンパ腫でしたが、鼻の奥にできたので放射線治療をしました。穴が空いているヘルメットみたいなものを個人用に作って正確に病巣を狙ったのですが、放射線は通り抜けますから、頭の後ろに500円玉ぐらいの皮膚炎ができました。

 がんの症状で、治らなくなってくると一番よく出てくるのが全身倦怠感です。当然活力も低下します。それからご飯が食べられなくなったり、場合によっては呼吸ができなくなります。

 私が看護師で働いていた頃は、患者さんに直接、あなたはがんですと告知をすることはありませんでした。アメリカで1980年くらいに本人への告知が始まり、日本は1997年の第3次医療法の改正で、患者さんに説明をして、きちんと同意を得てから治療することになりました。今は普通に外来で、多分本人だけに検査結果という形で伝えられていると思います。

 がんと告知されれば誰でも怖いですし、患者さんは気分的にも落ち込んでしまいます。不安やいらだち、孤独感、うつ状態、怒りなど、いろいろな思いを持ちます。それと、休職、部署の変更、辞職など仕事上の問題があります。家庭の問題としては、家庭内の役割を十分果たせなくなったり、家族の気持ちも複雑な状況になってきます。また、死亡した場合は遺産相続などの社会的な問題も起きてきます。

 特に経済的な問題は大きく、医療関係者だけではなく、生活面で福祉からの援助もすごく大切です。私自身も本学に来て、福祉の知識を身に付けて、きちんと連携していくことが大事だと考えています。

 さらに、スピリチュアルペインといって、私は何でがんになったのか、生きている意味は何かという、精神的でも身体的でもない苦痛があります。このような身体、精神、社会、スピリチュアルペインを合わせて「全人的苦痛」と言いますが、がんになるとこれだけの痛みが伴うのです。

緩和ケアとは

 「緩和ケアとは、生命を脅かす病気がもたらす困難に直面した患者とその家族に対して、その生活の質を向上させるためのアプローチの一つである。苦痛を予防し、和らげることにより実現を図る。そのとき痛みやその他の苦痛は早期に発見され、正確に評価される」。これは2002年にWHO(世界保健機構)が発表した緩和ケアの定義です。

 少し前までは、身体的に健康状態が悪くなり、死を迎える時期に提供されるケアをターミナルケアといって、緩和ケア=ターミナルケアでした。現在は、WHOの定義のように、生命を脅かす病気になった段階から緩和ケアが始まるとしています。また、死亡された場合、その後の死別ケアも含めた形で緩和ケアが考えられています。

 緩和ケアの特徴は、第1に、苦痛やつらい症状を和らげるということです。痛み止めは痛くなってから使うのではなく、痛いことを感じないように使います。例えば手術前から背中にチューブをつないで、持続的に痛み止めを使います。化学療法でも、なるべく口内炎ができないように、髪の毛が抜けないように、気持ちが悪くならないようにします。「生きることを尊重し、死ぬことを自然のプロセスと位置付け」、それを尊重して関わるのです。

 今は、医者、看護師、栄養士さん、リハビリの人たちが緩和ケアチームを組んで、がんで苦しんでいる患者さんに対してなるべく早めにアプローチしています。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ