このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 佐藤 慎一教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

実体験を充実させ意味づけるための
ICT活用を目指して

佐藤 慎一教授

日本福祉大学 全学教育センター

※所属や肩書は講演当時のものです。

 工学部の修士課程を修了後、私は民間企業で、主に、システムの開発や導入・活用支援などの業務に携わってきました。入社した1994年の翌年にはネットワーク接続機能を標準装備したWindows95が発売され、インターネットの活用がまさに普及しはじめた時期でもありました。同時期に、文部省(現在の文部科学省)と通商産業省(現在の経済産業省)との共同により、通称「100校プロジェクト」という、学校現場でのインターネット活用プロジェクトが実施されました。学校現場から提案された様々なアイデアが実践され、私は、そこで必要となるソフトウェアの設定をしたり、時には、独自のソフトウェアを開発したりするなど、技術的な立場からプロジェクトの支援を行ってきました。ここで行った各種の取り組みや、学校関係者・企業の方々とのつながりが現在の研究につながっています。

コミュニケーションのためのテクノロジ

 100校プロジェクトでは様々なタイプの企画・授業を支援してきましたが、その中には、学校間での交流や協働作業を行うなど、教室の枠を超えた活動も多くありました。コンピュータやインターネットなどの技術を総称する用語として、当時はIT(Information Technology)が一般的でしたが、教育分野では以前からICT(Information and Communication Technology)の略称の方が使われる傾向にありました。100校プロジェクトにおいても、Cに相当するコミュニケーションの要素を取り入れた実践が多く見られました。テクノロジというと、合理化やコストカットなど冷淡なイメージがあり、よく対面かICTかという二者択一で語られることが多いように思います。実際、地域と連携した取り組み、学校間での交流を取り入れた学習の際にも、ICTを活用するよりも対面で活動した方がよいという反対意見も多く聞かれました。しかし、各種の実践報告を聞いたり支援したりする中で、ICTを適切に活用することで、対面での限られた貴重な時間がより充実したものとなることを目の当たりにし、感銘をうけたことを覚えています。日常生活の面でも、例えば、孫が遠方の祖父母に久しぶりに会う際、通常であれば会話がなかなか続かない傾向にあるところ、ネットワークを通じて日頃から情報共有が行われていると対面時の会話もより弾むという調査・実践報告が見られます。このような、実体験を置き換えるものではなく、実体験をよりよくするためのICTの活用方法に関心を持つようになりました。

体験型の学習におけるICT活用

 企業勤務時、上記のように教育分野にも携わってきたこともあり、11年間の勤務後、ご縁あって2005年より日本福祉大学で勤務させていただくこととなりました。企業ではもっぱら実務に取り組んでいたため、研究に本格的に取り組むのはこの時からとなります。テクノロジの教育活用は多くの研究分野で取り組まれていますが、中でも「教育工学」という分野では、学校現場と密接に連携した研究も多く、当該分野で現場に資する研究を目指して取り組みたいと考えました。アメリカの教育系学会(AECT)では、教育工学を「学習の過程と資源についての設計、開発、運用、管理、ならびに評価に関する理論と実践である」としており、技術的なものばかりでなく、授業のやり方や方法論なども幅広く含む多種多様な研究が行われています。私自身は、これまでの業務を通じてICTが適切に活用された場合の効果を目の当たりにし、多くの潜在的な可能性がまだ残されていると感じていることから、ICTの効果的な活用に向けた研究に主に取り組んでいます。特に、実体験をより充実したものとするためのICT活用に関心を持ち実践・研究を進めています。
 近年では、学生の主体的な学習姿勢の育成や意欲を喚起するものとして、体験型の学習に大きな期待が寄せられています。中央教育審議会による2008年の報告「学士課程の構築に向けて」においても、学習の動機付けや主体的・能動的な学びを引き出すため、フィールドワーク、海外体験学習等を具体例として挙げ、「体験活動を含む多様な教育方法を積極的に取り入れる」ことの必要性が提言されています。しかし、こうした学習に対して、実体験に精一杯となるのみで学習成果を得るために不可欠な「振り返り」が十分に行われず、体験のしっぱなしであるという批判が一方ではあります。振り返りを促進するためには、これまでにも様々な方法が提案されていますが、蓄積するだけでなく、瞬時に共有することを可能とするICTは相性がよいものと思われます。特に、自らの思いを表出させ、他者からのコメントを通じて新たな視点をえることもできるソーシャルメディアは、振り返りのための有効な場・手段の1つになると考えています。

(2014年3月15日発行 日本福祉大学同窓会会報114号より転載)

このページの上部へ