このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 斉藤 雅茂准教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

「高齢者の社会的孤立をめぐる地域福祉実践の評価と課題」斉藤 雅茂准教授(日本福祉大学社会福祉学部)

講演録 「高齢者の社会的孤立をめぐる地域福祉実践の評価と課題」

  • 講師:
    斉藤 雅茂准教授(日本福祉大学社会福祉学部)
  • 日時:
    2015年9月26日(土)

※所属や肩書は講演当時のものです。

孤立死問題への関心の高まり

 私は埼玉大学教育学部を卒業後、上智大学大学院の修士課程と博士課程で社会福祉を学びました。2009年から日本福祉大学地域ケア研究推進センターに赴任し、2012年からは教鞭を執っています。社会老年学を専門にしており、日本老年社会科学会や日本社会福祉学会、日本公衆衛生学会、日本疫学会などに所属しています。大学では社会福祉調査論や地域社会学、地域研究プロジェクトや実習指導などを担当しています。

 現在、日本の高齢者は約3000万人ですが、2030年には独居高齢者が約700万人になるとの推計があります。「高齢者世帯」には、夫婦のみ世帯や子どもと同居している世帯、その他がありますが、夫婦のみ世帯よりも独居高齢者の方が多くなり、2020年には高齢者世帯の3割を超え、その後は4割になるといわれています。そういう意味では、独居高齢者は高齢者世帯で決して珍しくない世帯構成といえます。

 2009年に内閣府が、孤独死(誰にも看取られることなく、亡くなった後に発見される死)について、身近な問題だと感じるかどうかを尋ねた調査結果があります。男性も女性も約4割が「非常に・まあまあ身近に感じる」と回答しています。少なくとも30~40年前と比べると孤立死問題への国民の関心は高まっていると考えられます。

高齢者の社会的孤立に関する研究の到達点

 新聞では「孤立」と「孤独」が混同されていますが、学術的には明確に異なる概念です。「孤独」は主観的なもので、仲間付き合いがないことによって、好ましからざる感情、つまり、寂しくてつらいというような感情を抱くことです。一方、「孤立」は人との交流がないという客観的な状態のことです。従って、「孤独死」は、周りの人に見守られていようが、寂しさを抱えながら亡くなるもの、「孤立死」は、誰にも看取られず、死後何週間も発見されないようなものを指すはずです。

 老年学の分野では1970年代から「老いと孤立(高齢者は孤立しているのか)」という古典的な命題がありますが、これは誤解であることが既に確認されています。国内外内のこれまでの研究によれば、より厳密な基準で捉えると高齢者の1割弱、やや広く捉えると1~3割程度という結果が示されています。私たちが行ったいくつかの調査でも、独居高齢者に占める孤立者の割合は1~2割ぐらいで、少なくとも7~8割くらいの高齢者の方はさまざまなお付き合いを持っていることが確認されています。ちなみに、人との交流が月1回未満の人の割合は、中山間地域が約5%だったのに対して大都市では約10%と、都市部ほど孤立傾向の高齢者が多い可能性があることも示唆されています。

 では、どういう人が孤立しやすいのか。まず、男性のようです。女性で孤立している人の方がより深刻であるということもしばしば指摘されていますが、孤立しやすさでいくと男性のほうがそのリスクが高いことが国内外で報告されています。また、年齢が上がれば上がるほど、家族や親しい友人の喪失や自身の健康状態の変化に伴って、孤立へのリスクが高くなるといわれています。ほかにも、未婚者あるいは子どもがいない方、低所得の方が孤立しやすいことが報告されています。とくに、経済状況に関しては、人との付き合いというのは意外にお金が掛かることもあり、収入が少ないとそうした交際費を削らざるを得ないことを示しているといえます。また、虚弱ないし生活機能に障害がある高齢者のほうが孤立しやすいことも報告されています。この傾向は、私たちの研究では都市部よりも中山間地域の方が顕著にでました。交通網が充実している大都市では、多少歩行が困難になっても外出して人と会うことがある程度はできるのに対し、中山間地域などの地方部ではそうはいかないということを示唆するものと考えます。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ