このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 小國 和子准教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

「異文化理解からグローバル時代のふくしを考える~国際協力の現場から、教室へ~」小國 和子准教授(日本福祉大学国際福祉開発学部)

講演録 「異文化理解からグローバル時代のふくしを考える
~国際協力の現場から、教室へ~」

  • 講師:
    小國 和子准教授(日本福祉大学国際福祉開発学部)
  • 日時:
    2015年10月3日(土)

※所属や肩書は講演当時のものです。

グローバル時代に求められる異文化理解

 私の専門は文化人類学です。本学では、より噛み砕いた表現で、「異文化理解の姿勢や視点を身に付ける学問」として、それがこれからの福祉を考える上で一つの鍵になるだろうと思いながら、日々仕事をしています。
また、もともと私の研究対象は農村社会で、農業を営む人たちの豊かな暮らしを考えることが研究テーマなのですが、それはまさに「ふくし」を考えることでもあります。農村で農業を営むということは、単なる現金収入獲得の手立てというだけでは割り切れません。土地や水を他人と共有する、いわば共有資源に依存し、近隣関係を大事にしながら生きる、ということであり、高齢化しても続けられるいきがい、やりがいでもあります。そういった、農業の社会的な側面は、農村社会を維持する基盤ともなってきました。しかし、社会経済の変化の中で、農業の形もすっかり変わってきて、農村といえども、人と人との関係性を築いていくことは容易ではなくなってきています。
農村に限らず、これからの時代には、日本においても、これまで以上に多様な隣人がいる中で、どのように共に幸せを実現していくかを考えなければなりません。21世紀のキーワードは、「多様性の中の共生」です。

多様性の中の共生 ―課題先進地としての東海エリア

 現代の生活では、より多様な人たちと日常的にコミュニケーションをとる機会が増えています。特に若い人は、ソーシャルメディアを通じていろいろな国の友人を作り、日常的にコミュニケーションを図っています。日本にいながらにして、いろいろな国の人とつながる機会が、どんどん生まれる時代になったといえます。また、LCCと呼ばれる低価格の航空チケットのおかげで、海外に行くこと自体のハードルも下がりました。国内旅行並みの気軽さで、近隣諸国に足を運び、交流を深めることも可能です。
さらに、経済成長著しいアジア諸国からは、観光地としての日本が注目されています。実際に、海外からの観光客が日本に来ていろいろな場所を観光し、消費活動をすることは、日本の経済にとって非常に重要な要素となってきています。

 そのような中、ここ岐阜を含む東海地域は「多様性の中の共生」を考えるのに、殊更ふさわしい地域ではないでしょうか。「多様性」と言ってもここではひとまず民族や国籍、言語等を想定しています。例えば、留学や国際結婚など、日本で暮らす様々な外国人の中でも、東京オリンピックを契機に受け入れ期間が拡大志向にあり最近注目されている外国人技能実習制度を見てみると、その受け入れ人口は愛知、岐阜、三重の東海3県で全国の2割を占めています。いわば、そういった、日本にやってきた人たちといかに相互理解を深めていくかという課題に、先駆的に取り組んでいくにふさわしい地域と考えられるのです。

いかに他者への想像力を育むか ―異文化理解のチカラ

 異文化理解とは具体的にどういうことなのか、「異文化理解」の授業から、二つのことをご紹介しましょう。1つめは、「自分の中の『当たり前』を認識すること」です。私たちは、「当たり前」あるいは「普通」「常識」「一般的」といった言葉を意外と無意識に発していますが、その背景ににあるのが自分達の文化です。

 ですから、「当たり前」の根源に自分自身で気付くことが、異文化を深く理解する上で鍵になります。自分がどんなフィルターをかけて世界を認識しているのか、どんなバイアスを持っているのかに気付くことです。例えば、カンボジアをイメージしたとき、「カンボジアは貧しい」という思い込みを持って現地に行くと、なぜか実際に「貧しい側面」しか見えません。ですので、私は1年生の前期の「異文化理解」の授業で、カンボジアだから、「途上国だから貧しい」とは一概に言えない、ということが柔軟な若者の頭に少しずつ入っていくよう、ステレオタイプに気付く機会を投げかけるようにしています。

 生まれ育った環境下で身に付けてきた「当たり前」は、違う人と出会ったとき、相手に対する違和感を覚えさせます。そもそも自分の「普通」と違うから違和感を覚えるのですが、これが時に、汚い、怖い、間違っている、悪いといった否定的な他者イメージに結びつきがちです。しかし、自分にとって普通ではないからといって、間違いとは限りません。むしろ世界的には自分が特殊で、自分の「当たり前」が、相手にとって「非常識」なのかもしれません。そういった想像力を持てる人がいればいるほど、「多様性の中の共生」は実現可能になると考えます。

 そして2つ目は「異文化に学ぶ姿勢を培う」ことです。相手を自分より弱いと思って接すると、相手から学ぶという姿勢はなかなか構築されません。途上国に出ていく日本人に起こりがちな現象です。「この人たちは弱く助けられるべき存在である」と考えると、相手から学ぶ姿勢が生まれず、相手の弱いところばかり見えます。助けるためには弱いところを見つけることも必要かもしれませんが、それだけでは相手の持っているポテンシャルを見逃すかもしれません。ですから、どこへ行っても異文化に学ぶ姿勢を培うことは、とても大切です。

私たちには、たくさんの差異(differences/複数形)があります。差異があると、片方が良くて片方が悪いと考えがちですが、実際には差異自体は中立的な概念です。私ども文化人類学者は、行った先でフィールドワークをして、衣食住を共にして理解するのが原則です。差異を自分の基準で意味づけるのではなく、いわば判断を先送りして、まずはその地域文化における価値、意味合いを学ぶ姿勢で異文化理解を進めることで、その土地の暮らしの豊かさや工夫が理解できます。そのプロセスを経ずに一面的な基準だけで差異を序列化してしまうと、そこには差別の根が生まれます。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ