このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 永岡 正己教授 研究紹介1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

研究紹介

社会福祉の歴史・理論研究の発展を

永岡 正己教授

日本福祉大学
社会福祉学部 社会福祉学科

社会福祉学部WEBサイトへ

※所属や肩書は講演当時のものです。

1.社会福祉の変化の中で

 1978年に日本福祉大学に赴任してから、気がつくと37年が経ちました。その間、98年から7年間、家庭の事情で大阪に戻り梅花女子大学に勤めましたが、それでも日本福祉大学に30年以上勤めたことになります。その時間の中で、社会福祉がいかに大きく変化してきたか、対象とする問題の拡大、制度・サービスの仕組み、思想の変化には驚くばかりです。変化の背後には、世界の状況、政治、経済、社会システムの転換があり、日本では、高齢化、家族や地域の問題解決機能の低下と、財政抑制政策、国際的なノーマライゼーションの流れが並行して現れました。その動きは1973年の石油ショック以後の福祉元年から福祉見直しへの転換に始まりますが、私が赴任した頃から福祉改革の波が本格的に現れることになりました。臨調行革路線の登場、在宅サービス戦略、国際障害者年、生活保護適正化(123号通知)、健康保険負担、社会福祉国庫負担率の引き下げなどの動きが立て続けに起こりました。
 当時、社会福祉発達史は外国と日本と各4単位必修で、高島進先生と一緒に担当させていただきましたが、講義でもゼミでも、そうした福祉状況をどう捉えるかが課題でありました。どのように動向を批判し、主体的に認識し、社会福祉の発展をめざすのか、福祉国家体制、公的責任の後退局面と当事者主権、市民社会、自治、福祉の普遍化、専門性の局面をどう統合的に理解するか。そうした福祉政策と実践の総体を把握することが大きな課題でした。ある側面からだけ論理化しても全体像は正確に見えない。現在の状況の分析によって問題点を整理し取り組みの課題を説明することはできても、それら自体がどのような経過の中で起っているのか、どういう局面にあり、次の時代にどうつながってゆくのか、そしてそれがどのような本質をもっているのかは明らかにならない。
 社会福祉という存在の全体を把握し、私たちの人間主体の役割も位置づけるためには、社会、生活、政策、実践、思想、関連領域との関係を体系的・構造的に捉える理論的整理が重要であるとともに、時間軸によってその変化の実態と意味を明らかにする歴史的な整理が重要になります。そして、人が人をケアし、互いに生活を支え合うことの根源的な意味と、歴史的に形成されてきた社会福祉の仕組みのもつ意味を史実の中から問う作業は、今日のさまざまな問題に取り組む基盤となり、発展への確かな視座を与えてくれます。

2.歴史研究の取り組み

 このような変化の中で、社会福祉とは何かを歴史的に明らかにする作業として、政策、実践、思想まで、一人で取り組むには広すぎることを自覚しながら、しかしそうせざるを得ない問いに促されて、かなり総合的に歴史と理論の研究に取り組んできました。
 歴史研究としては、第1に、継続して続けてきたものに大阪社会福祉史研究があります。戦前最大の産業都市であった大阪は社会事業ももっとも早く進んだので、今日に多くの示唆を与えてくれます。戦前の社会事業調査(「大阪市『社会部報告』とその周辺」1975年以後)、民間事業、方面委員活動、北市民館や岡山孤児院大阪事業などのセツルメント等の展開過程を、政策・制度、実践、人物、思想の交差するところで研究してきました。
 第2に、近代における植民地と移民地におけるコミュニティと社会事業形成の問題がありました。これは、社会福祉における統治と生活支援、抑圧と人権の関係をめぐる本質や歴史的課題を明らかにする上でもっとも重要であり、また排除、周辺化の問題や国際交流の草の根からの再認識の点でも重要なものです。『植民地社会事業関係資料集』の刊行、アジア侵略と社会事業と軍事の関係、北米日系移民と福祉活動の研究は、社会福祉の国際的な広がりや多文化社会形成の内的な論理にもつながり、政治的力学の中で国家政策の動きを相対化して把握することのできる視座を明確にしたいと思い、今も進めています。
 第3に、歴史研究の前進のためには個別事例研究が重要ですが、今日の福祉実践をどう進めるか、解決すべき課題がどこにあるかを把握して仕事の基盤を確かなものにするためには、通史として社会福祉の展開過程を総合的に明らかにすることが大切になります。そのため、私の場合、政策と実践の接点で思想史的な視点も含めて歴史を追求してきました。社会事業が戦争に従属した時代の過ち、社会福祉・地域福祉運動史、福祉改革の歴史、措置制度と社会福祉法人の歴史的意味など、断片的ではありますが機会があるごとに発言してきました。

(2015年8月15日発行 日本福祉大学同窓会会報115号より転載)

このページの上部へ