このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 近藤直子教授 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

近藤直子教授 講演録 「しょうがいのある子どもの発達を保障するために」

日本福祉大学セミナー 文化講演会
「しょうがいのある子どもの発達を保障するために」

  • 講師:
    近藤 直子 教授(日本福祉大学 副学長、子ども発達学部教授)
  • 日程:
    2013年7月14日(日)

※所属や肩書は講演当時のものです。

誰にもある発達の可能性

 私がこの世界に入った43年前には、障害の重いお子さんが通える保育園や幼稚園がなかったため、親御さんと保健師さんが無認可の親子教室を作っていました。子どもたちは、そこに通い始めると、家でお母さんを困らせることがなくなるなど、顕著な変化が現れました。好きなことを思う存分できる場所があると、子どもはいいところをいっぱい出すようになるのです。

 ご両親がどんなに愛情を注いでいても、二間しかない家の中で走り回ることはできません。子どもたちが自由にパワーを発揮できることだけでも、通う場所を用意することには大きな意味がありますし、何となく1日が過ぎるのではなく、教室のある日は朝からお母さんが張り切っているので、子どもたちもそれを敏感に感じ取って生活にメリハリができます。また、仲間の存在も大きいです。楽しく遊んでいるうちにお友だちにも目が向くようになって、新しいことにチャレンジするようになります。人は自分の力が発揮できて、それを一緒にやる仲間がいると変わるのです。

 昔に比べて通う場はかなり増えましたが、せっかくならそこがワクワクできる場所であってほしいものです。そのために大切なのが発達の見方で、視点をしっかり持ち、子どもに合った取り組みをしなければいけません。障害や発達の遅れがあると分かると、ご両親は「当たり前のことができるようにさせたい」と思われがちですが、発達というのは、できないことができるようになることだけではありません。

 ある保育士さんから、「保育園を飛び出して、何度も保護されている子どもがいる。どうすればおとなしく座っていてくれるだろうか」と相談を受けました。普通、人は何かをするために座りますが、何をするわけではなくても大好きな人の隣に座ることがあります。しかし、先生は「無理やり座らせようとする私を恐ろしく思っているだろうから、それは無理だと思う」と言われます。そこで、「まずはその子のやりたいことを一緒に楽しんで、先生のことが大好きになるように頑張って」と話して1カ月して見に行くと、その子は先生と一緒に走ったりじゃれ合ったりと、とても楽しそうにしていました。そして、先生が部屋に入っていくと黙って付いていって、先生の横に座って先生のTシャツのすそをぎゅっと握っているのです。先生が、「大好きだよ。一緒に楽しく遊ぼうね」という気持ちを示したことで子どもは先生が大好きになり、教えられなくても先生の真似をして椅子に座るようになったのです。これが発達です。こうなると子どもはどんどん変わります。

 講演の前に、「1歳半健診で言葉数が少ないことを指摘されたが、気にしなければいけないか」という質問を頂きました。大事なのは言葉の数ではありません。子どもが大好きなお父さんやお母さんと気持ちを通わせたいと思うことで、子どもはその中でたくさんの豊かな言葉を吸収していくのです。愛を豊かに広げてあげることが主体性を尊重するということで、お母さんが焦ると子どもとの関係がややこしくなるだけなので注意が必要です。

 発達により、子どもたちは心の揺れや葛藤を経験します。例えば、4歳児は癖のマイブームの時期です。仲間に関心が出てきて、特に何かが器用にできる友達が格好よく見えて、自分もそんなふうになりたいと思います。それがチャレンジの原動力となって力を付けていくのですが、当然ながら何度練習してもできないこともあって、心が揺れます。心が揺れると邪魔なのが手です。人間の手は何かを作り出すことに使いますが、心が揺れていると手が前に出ないのでクリエイティブになれません。すると、子どもの手は自分に向いて、鼻くそほじくりマンや爪噛みマンになります。

 しかし、5歳になると癖の頻度はぐんと減ります。それはコツが把握できるようになるという以外に、教え上手をゲットできるようになるからです。ここでゲットするのは教え上手であって、上手にできる子ではありません。私は、子どもがマイナスを出すのは、チャレンジしようとしているからだと考えています。「鼻くそをほじくると血が出るよ」と脅してやめさせるより、子どもが自分で乗り越えたという実感を保障してあげる方が、はるかにクリエイティブです。

 皆さんも、チャレンジしようとしている子どもたちを応援する応援団になる方が良いでしょう。そうすると、子どもたちは先生と素敵な出会いができたと思うでしょうし、素敵な応援団に出会えると、ここに来てよかったと思うでしょう。先生が仲間との間を橋渡ししてくれて仲間が認めてくれると、仲間のことも好きになり、さらにはマイナスを乗り越えた自分がもっと好きになります。そうなると子どもの中に良い思い出がたくさん蓄えられて、それが自分を素敵にしていく。それが発達だと思います。

 逆に人間には、発達したためにできなくなることもたくさんあります。私は逆上がりや微分積分はできなくなりましたが、その一方で、子どもをしっかり観察する力は付きました。皆さんも、できなくなったことがあれば、「私は今、新しい自分にチャレンジしようとしているんだわ」と考えてください。年老いていくことが素敵に思えるかもしれません。

 できることは少なくても、幸せを感じながら生きている障害のある子どもたちはたくさんいます。応援団になって子どもが変わると、親御さんたちはご自分の子育てに自信が持てるので、親御さんも変わります。そして、そういう素敵な親御さんたちの姿を見ることで、職員は人間としての幅を広げ、豊かな気持ちでいられます。そういうお互いがお互いの素敵なところを認め合うプラスのスパイラルができれば、子どもを通してみんなが幸せになれます。そんな通いの場・出会いの場をたくさん作って、多くの人に本当の幸せをつかんでいただきたいものです。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ