このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 川上 博氏 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

学園創立60周年記念式典 記念講演会「セントレアから世界へ~中部国際空港の役割と取り組み~」川上 博氏(中部国際空港株式会社 代表取締役社長)

講演録 「セントレアから世界へ~中部国際空港の役割と取り組み~」

  • 講師:
    川上 博氏(中部国際空港株式会社 代表取締役社長)
  • 日時:
    2014年6月8日(日)11:00~12:00
  • 会場:
    名古屋観光ホテル

※所属や肩書は講演当時のものです。

民間経営空港の先駆的存在として、安全かつ効率的な運用を実施

 セントレアの歴史は、今から半世紀前の中部地域の国際拠点空港建設構想に始まります。約30年前には建設促進期成同盟会が結成され、中部空港調査会も発足。1998年に中部国際空港(株)を設立し、2000年に着工。4年半の工期を経て愛知万博があった2005年に開港しました。

 株主構成は民間が50%、国が40%、自治体が10%です。成田や新関西空港は国が100%ですが、セントレアは民間の活力を空港経営に活かしたいという考えでこうした構成になっています。国管理空港である羽田空港の場合、航空管制、税関や入管・検疫はもとより、滑走路やエプロンなどの空港施設の維持管理も国が行っていますが、セントレアでは空港施設は当社が所有し、運営管理を行っています。民間の経営ノウハウを活かしたコスト削減の努力とともに、飲食・物販店や免税店などの商業施設の収益により空港の収支を改善する上下一体の空港経営として、セントレアはその先駆的存在だと自負しています。

来年10周年を迎える中部国際空港セントレア

 セントレアの空港施設の運営管理の中心的役割を担うのは「COC(セントレアオペレーションセンター)」で24時間365日運用しています。仕事は航空灯火・無線の管理や保安防災業務、飛行場面での安全かつ効率的な運用などが挙げられます。飛行機が空港にアプローチする際に航空灯火が点灯しているか、着陸誘導装置の電波が正常か、滑走路などに障害物がないかの確認は大変重要な任務です。またバードストライクについても大変な労力を費やしています。飛行機のエンジンが鳥を吸い込むと事故につながる危険があるため、バードパトロールを1日5回実施するなど、空港に鳥を寄せ付けないような工夫をしています。

 保安防災業務については、航空機などの事故に備えて空港消防所が、現場に3分以内に駆けつけて消火活動ができる体制を取っています。さまざまな訓練も毎年実施しています。昨年10月には実機やヘリ、消防車、救急車など30台以上が参加した大規模な訓練を行ったほか、地震・津波などの避難訓練やハイジャック対応の訓練なども行いました。また、地震・津波については最悪のケースを想定し、ソフト・ハード面の両方から対策を検討・実施しています。このように関係機関とも連携を取りながら、常に空港の安全・安心を守っています。

航空機事故を想定した消火・救難訓練の様子

※この講演録は、2014年7月13日付中日新聞に掲載されたもので、中日新聞広告局の許諾を得て掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ