このページのメインコンテンツへ移動
  1. トップページ
  2. 「ふくし」を思う
  3. 角野栄子氏 講演録1
知

「ふくし」を思う

研究・教育活動、地域連携・社会貢献の取り組みを紹介します。

講演録

日本福祉大学付属高等学校創立55周年記念事業 文化講演会「魔法はひとつ」角野栄子氏(作家・日本福祉大学客員教授)

講演録 「魔法はひとつ」

  • 講師:
    角野栄子氏(作家・日本福祉大学客員教授)
  • 日時:
    2014年5月31日(土)

※所属や肩書は講演当時のものです。

物を書く人間になるまで

 『魔女の宅急便』は1985年に第1巻が出ましたが、この話をつくるきっかけは、そのずっと前にありました。私が大学1年生のとき、「LIFE」誌に「鳥の目から見たニューヨークの風景」という写真が載っていました。当時、私は物を書く人になるとは全く思っていませんでしたが、その写真を見て物語を感じ、日常とどこか違うところに行けるような感覚を持ったのです。その後、私は大学を出てから出版社に勤めたり、結婚してブラジルに行ったりと、いろいろな経験を経ながら、物を書く人にだんだん近づいていきました。

『魔女の宅急便』1巻(1985年)

 ブラジルで仲良くなった男の子の話を書いた『ルイジンニョ少年ブラジルをたずねて』というノンフィクションの本が、私の処女作です。そのころ、ちょうど日本が万博を数年後に控えていて、世界のいろいろな国で暮らしている子どもの話をシリーズ物として出そうということになったのですが、私がそれまでに書いたものは、戦時中に書いた兵隊さんに送る手紙と、学校のつづり方、大学の卒論だけだったので、うまくいくはずがありません。編集者が見ては首をかしげて、「もう一度どうにかなりませんか」と言って帰っていく。私は何回も何回も繰り返し書き直しました。そのうちに、それが少しも嫌ではないことに気付き、もしかしたら私は書くことが好きなのかもしれないと思ったのです。

 それで、今度はお話を書いてみようと思うようになったのですが、まだ子どもが小さかったので、子どもを追い掛けながら、首から画板を提げて洗濯挟みで挟んだ紙に書くという生活が7年間続きました。いっこうに本にはならず、終わりまで書けない中途半端なものばかりがたまっていきましたが、やっと一つだけ書き上げたものを雑誌に投稿して、私の物を書く仕事が少しずつ少しずつ進んでいきました。

『魔女の宅急便』が生まれたとき

 私がブラジルに行ったのは1959年です。外国に行きたいと思っていた私と主人は、移民として、意気揚々とブラジルに旅発ちました。ところが、ブラジルでは英語が全く通じないことが、到着してから分かったのです。私は本当に愚かなことに、外国に行ったら英語が通じるものだと思っていました。自分を表現する手段がなく、生活習慣もまるで違う。買い物一つするのも大変で、本当に帰りたいと思いました。

 日本に置いてきた父を思い、泣きの涙で毛布をかぶって寝ていたのですが、2週間ほどして、ふと私はこのままではいけないと思い、立ち上がって閉めきっていた窓を開けました。すると、ふうっと風が吹き込んできたのです。その新鮮な風が体に当たったときに、自分はここにいるのだ、もしかしたら私はこの町で生きていけるかもしれないと思いました。

 『魔女の宅急便』のキキも、旅立って、新しい町で暮らしはじめたとき、魔女だから変なことをするのではないかなどと言われ、すごく悲しい思いをします。そのとき、キキは窓を開けます。風が向こうから吹いてきて、そちらを見ると、手を振っている女の人がいました。その女の人が、魔女の宅急便のお客さん第1号になってくれました。私が経験したことを、13歳の魔女に重ね合わせて書いたのです。

 13歳というのは、訳の分からない年代です。いろいろ分からないことがあるのだけれど、自己主張だけは一人前にしたい、大人として認められたい。それでも自立はできていないので、甘ったれたい。そのような振幅の激しい年齢の子が一人でほうきに乗って暮らしたらどうなるだろう、それを話に書いてみたいという思いにちょうどかぶさるように、鳥の目から見たニューヨークの風景を思い出しました。私は、想像の中で飛ぶことができる物語がこれなのではないか、きっと書くのは楽しいに違いないと思いました。

※この講演録は、学校法人日本福祉大学学園広報室が講演内容をもとに、要約、加筆・訂正のうえ、掲載しています。 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

このページの上部へ