このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. WAFCA関係者およびタイの大学生が本学へ視察に訪れました
学園・大学案内

トピックス

WAFCA関係者およびタイの大学生が本学へ視察に訪れました

2019年11月19日

 2019年11月18日(月)、「認定NPO法人アジア車いす交流センター(WAFCA)」のタイ事務所関係者10名およびタイの大学で学んでいる大学生2名(車椅子利用者)が本学の視察に訪れました。
 この取り組みは本学の車いす利用学生と海外の車いす利用学生の異文化交流を目的としたもので、参加者は講義棟や学生支援センター、スポーツ科学部棟「SALTO」を視察しました。
 参加者らは講義棟で車いす利用者向けに作られている机や学内の多目的トイレが広いことに興味を示していました。

 視察後は本学学生との懇談会を行い、本学からは車いす利用者の廣瀬雅久さん(子ども発達学部2年)、河野結宇さん(社会福祉学部2年)に加え、学内外で電動車いす利用学生の介助者をしている学生(社会福祉学部2年 酒井晃太さん)も参加しました。学生らは車いす利用者としての目線で普段の生活や通学の際に苦労していることや大学から受けているサポート、将来の進路や大学の就職支援制度等について情報交換し、互いに多くの質問が飛ぶ様子が見られました。交流会の後は食堂で昼食をとり、さらに懇親を深めていました。

関連リンク