このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. イベント情報一覧
  5. 教育実践研究センター第1回保育実践研究会を開催します
学園・大学案内

イベント情報

教育実践研究センター第1回保育実践研究会を開催します

2019年7月29日

※クリックで拡大します

テーマ:「自分がしたい」実践にむけて-日常の保育を振り返りつつ

 いま、少なくない保育者が、「自分がしたい理想の実践」と「自分にできる現実の実践」とのはざまで悩んでいるのではないでしょうか。実際、保育者になってみてはじめて、学生の頃とはまたちがった「学びたい!」という思いが湧いてくることもあるでしょう。保育実践の果たす役割の大きさを痛感したり、人生における乳幼児期の重要性にリアルに気づいたり、忙しい中でも、日々、やりがいを感じておられることでしょう。

 保育者の離職を防ぐことは、今や、私たち社会の喫緊の課題でもあります。

 やりがいのある保育の仕事を続けていけるよう、日々のなにげない実践を保育仲間とともに振り返ってみませんか。自分の保育をたのしく振り返る場をつくっていきたいと思います。

日時 2019年8月12日(月・祝)9:30~12:30(9:15受付開始)
会場 イーブルなごや 中会議室
タイム
テーブル

9:30~10:00

幼稚園教諭 後藤将大さんからの実践報告

子どもの姿が見えてきた2年目。休みの日にも「早く子どもたちに会いたい!」と思うほど保育が楽しい後藤さん。幼稚園教諭2年目の実践を聞きながら、参加者それぞれからも自分の実践について語ってもらいたいと思います。

10:00~10:30

保育園保育士 加藤里菜さんからの実践報告

保育者として働き始めて3年目。2歳クラスの担任の加藤さん。クラスリーダーも任されるようになり、園の中では徐々に、中堅的役割を期待されるようになってきています。いま気づいていることなどについて、お話ししていただこうと思っています。

10:45~11:45

講座 塩崎美穂「生きるために人はあそぶ」-あそぶ保育をつくる意味

11:45~12:30

実践報告へのコメント

「自分のしたい保育」について、明日からの保育がたのしくなる方向にむけて、全体で共有

参加費 無料
参加申し込み 参加申し込みは下記フォームよりお願いします。
問合せ 日本福祉大学 教職課程事務室内 教育実践研究センター担当
〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田
TEL:0569-87-2218(平日10:00~17:00)
E-mail:kyo-jissenjimu@ml.n-fukushi.ac.jp