このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 公務員育成チャレンジプロジェクト-行政専修1年生が自治体職員と顔合わせ-を開催しました
学園・大学案内

トピックス

公務員育成チャレンジプロジェクト-行政専修1年生が自治体職員と顔合わせ-を開催しました

2019年06月04日

 5月30日(木)、社会福祉学部社会福祉学科行政専修の独自企画、公務員育成チャレンジプロジェクトが開催されました。本企画は、1年生を対象とした自由参加の企画で、公務員を目指す学生が自主的に参加しています。本企画では、1年次から直接行政職員と会い、実際の行政課題に向き合うことができるため、学生は、早い段階から公務員の仕事をイメージすることができます。昨年度に引き続き、本年度も多くの1年生が参加しました。

 この日は、愛知県、東海市、美浜町の3つの自治体職員が美浜キャンパスを訪れ、各自治体の紹介とともに、これから学生が取り組む行政課題を学生に直接説明しました。

愛知県職員による説明

東海市職員による説明

美浜町職員による説明

 学生たちは、希望する自治体のクラスに分かれて、それぞれの自治体が提示した課題に対して具体的な解決策を提案していきます。自らの興味関心に沿って自治体を選んでいることもあり、真剣なまなざしで、自治体職員の説明を聞いていました。

 東海市クラスを担当した角崎洋平准教授は「1年次から、自治体の職員に直接ふれあえる機会は貴重だと思います。今後、自治体からいただいた実際の課題の解決案を行政専修の1年生が考えていきます。今後どのような展開になるか、私も楽しみです。」と語りました。

関連リンク