このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. イベント情報一覧
  5. 8月28日(火)「日本福祉大学・包括的なアセスメント研究会」公開研究会を開催します
学園・大学案内

イベント情報

8月28日(火)「日本福祉大学・包括的なアセスメント研究会」公開研究会を開催します

2018年7月27日

 現在、日本福祉大学では0歳から100歳の地域包括ケアの構築をめざして研究を推進しています。従来のような縦割り、分野別を越えて、その人や家族がその人たちらしく地域で生活していくために、地域生活課題をアセスメントしていくことが求められています。
 また多職種連携によるチームとして、その人や家族、地域をアセスメントとしていくために、共通の枠組みや地域をとらえる視点を相互理解しておくことが必要です。
 今回は、幅広く対人援助をしている専門職の皆様方と包括的なアセスメントについて公開研究会を開催いたします。
 今後、知多半島の5市5町でどのようなアセスメントシートを活用しているのかを把握するための調査を行いたく、調査協力についても併せてご依頼したいと考えております。
 つきましては、下記のとおり、本研究プロジェクトの趣旨の報告とニーズや地域のアセスメントの事例について、シンポジウム等の公開研究会を開催いたします。関心のある方は是非ご参加いただけますと幸いです。

日時

2018年8月28日 (火) 13:30~16:30
受付開始 13:00~

参加費

無料

会場

日本福祉大学 東海キャンパス 4階 S402
東海市大田町川南新田229
(名鉄「太田川」駅徒歩5分)

※会場の東海キャンパスへのお越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

プログラム

13:30 開会挨拶
「地域共生社会の実現にむけた地域包括支援体制構築の戦略
―0歳から100歳のすべての人が安心して暮らせる地域づくりをめざして―」
研究プロジェクトの概要について

報告:日本福祉大学地域ケア研究推進センター長 原田 正樹
13:45 包括的なアセスメント研究会のねらいと教育・研究について
報告:日本福祉大学看護学部 教授 水谷 聖子
14:15 個人・世帯のニーズや地域をどうアセスメントしているのか
パネリスト
①日本福祉大学看護学部 教授 白尾久美子
②東海市高齢者支援課 牧田 尚子 氏
③NPO法人 びすた~り 高山 京子 氏
④東浦町社会福祉協議会 東浦包括支援センター 髙見 靖雄 氏
⑤半田市社会福祉協議会 前山 憲一 氏
コーディネーター
日本福祉大学 原田 正樹
16:20 アセスメントシート等の調査協力について依頼
16:30 閉会

参加申し込み

受付終了

主催

日本福祉大学地域ケア研究推進センター

問い合わせ先

日本福祉大学地域ケア研究推進センター事務局
MAIL rpccc@ml.n-fukushi.ac.jp
TEL 0569‐87‐2324