このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 第20回半田キャンパス学部祭「七夕祭」、健康科学部10周年記念事業が開催されました
学園・大学案内

トピックス

第20回半田キャンパス学部祭「七夕祭」、健康科学部10周年記念事業が開催されました

2018年07月09日

 半田キャンパスで恒例となっている学部祭「七夕祭」が7月7日(土)に開催されました。20回目となる今回のテーマは「Shooting star 〜星に願いを〜」。天候が悪化する時間帯こそありましたが、地域に根づいたキャンパス祭には地域住民や在学生など多くの来場者が訪れ、活気に溢れる一日となりました。また、健康科学部設立10周年記念事業も合わせて行われ、100人を超える卒業生が参加しました。

キャンパス内企画

◆サークルによる子ども向けの企画だけでなく、渡辺ゼミによる3Dプリンタの体験会など、学部教育の一端を垣間見る企画も行われました

◆大学キャンパスにほど近い高根保育園・横川保育園・みらい保育園・有脇保育園・平地保育園の園児による作品が展示され、多くの親子連れが作品に見入っていました。

模擬店企画

◆かき氷やベビーカステラ・ダーツなど、学生を中心とした模擬店に行列ができるほどの盛況ぶりでした

健康科学部10周年記念事業

 健康科学部は2008年に設立し10周年を迎えました。健康科学部福祉工学科とその前身である情報社会科学部合同による、パネルディスカッションとホームカミングデ―が行われました。パネルディスカッションには学部の卒業生6人がパネラーとして登壇し、福田秀志副学長・健康科学部教授(建築バリアフリー専修)と渡辺崇史健康科学部情報工学専修長・教授をコーディネーターのもと、「大学での学びと○○」をテーマに行われました。パネラーたちは現在の仕事内容を紹介するだけでなく、学生時代に培った学びや課外活動が仕事や暮らしにつながっているかを説明しました。また、大学時代の友人たちが忙しい日常生活を送る上で心の支えになっていることなど、半田キャンパスでの4年間がかけがえのない財産になっていることを再確認しているようでした。

 また、パネルディスカッションの前にはオープンラボが行われ、参加した卒業生と在学当時にお世話になった教員による懇談の機会が設けられ、和やかな雰囲気のなか思い出話に花が咲いていました。

◆パネルディスカッション(左)と宇野ゼミナールによるオープンラボの様子(右)

関連リンク