このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 鈴木大地スポーツ庁長官がSports Lab SALTOを視察しました
学園・大学案内

トピックス

鈴木大地スポーツ庁長官がSports Lab SALTOを視察しました

2017年4月24日

 鈴木大地スポーツ庁長官が4月14日(金)にSports Lab SALTOを視察しました。
 まずは藤田紀昭スポーツ科学部長から、同学部の教育理念やコンセプトなどが説明されました。説明を受けて鈴木長官は、地域と連携した実践について質問すると、同席した丸山理事長や児玉学長から、美浜町との連携による総合型地域スポーツクラブ「みはまスポーツクラブ」の活動が紹介されました。その後、施設担当者による説明を受けながらSALTOの各施設を視察しました。ダンススタジオやトレーニング演習室では講義が行われており、鈴木長官は学生たちを前に、「皆さんには、この場所でしか実現できないものを見つけて目標を持ち、その実現に向けて幅広く学んでほしい。そして地域や社会で貢献できる人材に成長してほしい」とエールを送られました。

◆学生の歓迎を受ける鈴木大地スポーツ庁長官(写真左)

 視察を終えて鈴木長官は、「日本福祉大学は福祉を総合的に学べるという点において魅力的だ。そこにスポーツ科学部が新設され、スポーツが持つ“明るさ”が加わった。明るい福祉のブランディングを期待している。また、地域と連携した取り組みはとても面白い。“エクササイズ・イズ・メディスン”の言葉が示す通り、健康維持にはスポーツが一番の処方箋。今後は地域の住民が運動施設を気軽に利用できるような取り組みをはじめ、大学が持つ強みを活かした事業により、より一層の存在感を示してほしい」と感想と期待を述べられました。

◆SALTOのほか学生支援センターも見学され、担当者から説明を受けました(写真右下)

関連リンク