このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. イベント情報一覧
  5. 11月5日(土)日本福祉大学客員教員「金澤翔子氏席上揮毫・金澤泰子氏講演会」を開催します
学園・大学案内

イベント情報

『寿齢讃歌』-故木之下晃先生のご遺志を引き継いで、東海市芸術劇場で第1回目、長野県茅野市美術館でも第11回目が開催されます

2016年10月21日

 本学が掲げる福祉文化創成の理念に共鳴するプロジェクトとして、協賛してきた写真展「寿齢讃歌」。このプロジェクトの発案者であり、「この言葉が天から降ってきた」とおっしゃった木之下晃先生(音楽写真家・本学客員教授・卒業生)は、残念ながら2015年1月にお亡くなりになりましたが、先生のご遺志を引き継いで、東海市芸術劇場で第1回目が、また長野県茅野市美術館では第11回目となる開催が決定しました。木之下先生は、生前「カメラを向けることで、高齢者を元気にしたい。写真を撮ること、撮られることで、世代間のコミュニケーションと絆を深めてほしい。日本福祉大学で福祉を学んだからこその、自分の福祉活動」と語られていました。そして、東海キャンパスと、お隣の東海市芸術劇場のオープンも楽しみにされ、「若い学生達と、またそこで新しいことができたら」とも。残念ながら先生はその前に急逝されましたが、茅野市美術館のご協力も得て、『木之下晃メモリアル』として、先生の写真展と同時開催で知多半島版「寿齢讃歌」が東海市芸術劇場で開催されます。茅野市美術館の第11回目は、これまでのモノクロからカラー写真での応募も可能となり、作品もインターネットで世界に向けて発信と、装いも新たに。両写真展とも只今作品募集中です。皆様も、ご自身の近くにみえる「人生のマエストロ」を撮影されて、応募してみませんか。

チラシ

※チラシイメージをクリックで拡大

※チラシイメージをクリックで拡大

関連リンク