このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 第1回東海キャンパス祭が開催されました
学園・大学案内

トピックス

第1回東海キャンパス祭が開催されました

2015年11月9日

 日本福祉大学東海キャンパスは2015年に開設し、看護学部の新設と経済学部・国際福祉開発学部が美浜キャンパスから移転されました。第1回東海キャンパス祭が11月7・8日(土・日)に同キャンパスで開催され、学生や一般市民が多数参加しました。

 東海キャンパスは地域に開かれた“参加型”のキャンパスをコンセプトとしています。初めてのキャンパス祭となった今回のテーマは、学生によるアンケートから「福祉と地域の絆」と定められ、学生10人により組織された東海イベントオフィスのスタッフが6月からこの日に向けて準備を進めてきました。キャンパス祭初日は、早朝から運営スタッフが集まり、イベントブースの設営や音響確認、食材の準備に追われました。スタート直後は人もまばらでしたが、正午に近づくにつれて学生だけでなく家族連れなどが多く詰めかけました。キャンパス内ではキャンパスツアーやスタンプラリーが行われ、子どもたちが施設内を探検していました。またこの日は看護学部の企画として、日本赤十字社・知多保健所による協力のもと献血・骨髄バンク登録会が実施され、地域住民や学生たちがブースに立ち寄り登録する姿が見られました。そのほかにも、学生サークルや学部の学びを生かした模擬店、ステージ企画、地元ケーブルテレビ局による公開収録や子どもたちを対象とした射的・輪投げコーナーなどが設けられ、キャンパス内は子どもたちの笑い声で包まれました。2日目には豪華賞品を用意したビンゴ大会が開催され、イベントオフィススタッフが数字を発表するたびに大きな歓声が湧きあがりました。

◆ケーブルテレビ局による公開収録では、経済学部3年の入山拓己さんが出演しました(写真右下)

 東海イベントオフィス代表で経済学部2年の佐藤翔哉さんは、「短い準備期間のなか、初めて尽くしのことが多かったこともあり、運営体制やスケジュール管理など反省すべき点は多くあった。特に地元企業への協賛依頼などでは説明の仕方や企業側のメリットなど伝え方が難しかった。大変ではあったが、キャンパス祭に遊びに来てくれた子どもたちの笑顔を見ることができて良かった。今回の結果と課題をメンバー内で共有し、次年度の準備などに生かしていきたい」と感想を語りました。

関連リンク