このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 東海キャンパス内覧会が開催されました
学園・大学案内

トピックス

東海キャンパス内覧会が開催されました

2015年3月26日

 日本福祉大学では2015年4月に東海キャンパスを開設し、看護学部の新設と経済学部と国際福祉開発学部が美浜キャンパスより移転されます。キャンパスの完成を受けて、地域住民の皆さんを対象とした内覧会が3月22日(日)に開催され、およそ1,300人が来場しました。

 内覧会は10時の開始とともに多くの来場者が訪れ、地域住民の方だけでなく、次年度に東海キャンパスでの学びをスタートさせる予定の学生やその家族などで賑わいました。看護実習室や大教室、避難所としての役割を担う体育館のほか、一般にも開放する図書館などが見学コースとして設けられ、教職員にその機能などの説明を求める姿がみられました。国際福祉開発学部では、内覧会に合わせて国際フィールドワークに参加した学生たちによる報告会を実施し、現地とICTを活用した交流が行われました。そのほかにも、セントレアホテルでインターンシップを行う学生よる体験報告や学食体験、クイズ大会、知多メディアスネットワーク(メディアスFM)による公開生放送などが行われ、活気のある内覧会となりました。

◆セントレアホテルでインターンシップを行っている国際福祉開発学部のみなさん

◆美浜キャンパスの学生も内覧会に参加し、レポーターのインタビューに応じました(写真左下)

 また今回の内覧会の開催に合わせて、経済学部や国際福祉開発学部などの学生有志がキャンパス開設を祝うイベントとして、第1回ふくでん祭が太田川駅前「どんでん広場」で開催されました。「ふくでん」の意味は、日本福祉大学の「ふく」と開催場所であるどんでん広場の「でん」を合わせたもの。キャンパス開設を機に大学だけでなく地域を盛りあげていきたいという思いも込められています。経済学部2年の入山拓己くんを中心とした学生有志が1月頃から企画をスタートさせ、ラジオやテレビ番組での告知を行いながら準備を進めてきました。当日は、夢人党による演舞やJazz研究会による演奏をはじめ、日本酒バーをはじめとする飲食や迷路や射的などの子ども向け企画など、多くの学生グループが企画に参加し、地域の盛り上げに一役買いました。

関連リンク