このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 日本福祉大学と東海市との包括連携に関する協定等が締結されました
学園・大学案内

トピックス

日本福祉大学と東海市との包括連携に関する協定等が締結されました

2015年2月25日

 学校法人日本福祉大学は、東海市との包括連携に関する協定等の締結式を2月20日に東海キャンパスで行いました。今回の締結は、2015年4月に東海キャンパスが開設されることを契機に、日本福祉大学と東海市は相互の密接な連携および協力により、地域の課題に適切に対応し、活力のある個性豊かな地域社会の形成と相互の発展・充実に寄与することを目的に執り行われました。

 締結式には学園および東海市から丸山悟理事長、二木立学長、鈴木淳雄市長らが出席。日本福祉大学と東海市との間で3つの協定書(①包括連携に関する協定②自然災害等の発生時における本学施設の使用等に関する協定③図書館や食堂をはじめとする大学施設の開放等に関する協定)に、丸山理事長・二木学長と鈴木市長が署名されました。挨拶した鈴木市長は、「今回の協定の締結は東海市にとって心強いものである。東海市と日本福祉大学が持つ資源を互いに利用しながら連携することで、生涯学習や国際交流の推進、地域福祉を発展させ、にぎわいと魅力あるまちづくりを期待したい」と語りました。また丸山理事長は、「東海キャンパスの開設を前に、協定を締結できたことを大変うれしく思う。東海キャンパスは、建物をこの地につくる時から地域に開かれた“参加型”のキャンパスをコンセプトとしている。地域づくりのできる人材の育成を、多様な方向からの入り口をもった参加型で実現していくとともに、地域の方々と一緒につくる大学であるという精神を忘れずに、協定に示された内容を忠実に履行していくことを約束する」と、式典に参列した90人の関係者を前に話しました。

◆挨拶を述べる鈴木淳雄東海市長(写真左側)と丸山悟日本福祉大学理事長(写真右側)

◆式典当日には報道各社が取材に訪れました

関連リンク