このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. お知らせ一覧
  5. 2014年度 最終講義のお知らせ
学園・大学案内

お知らせ

2014年度 最終講義のお知らせ

2014年12月8日

 2014年度最終講義の内、日程が決定しているものは以下のとおりです。
 今後も決定したものから順次、追加掲載いたします。 
 在学生、卒業生、教職員等どなたでも受講できますのでお誘いあわせの上、ご参加ください。

全学教育センター

教員名 講義テーマ 日時・場所
内野 信幸 「“OMOTENASHI”の講義と英語の授業実践」
※「経済史」授業内にて実施
2015年1月9日(金)
5限(16:45-18:15)
美浜キャンパス 420教室
【プロフィール】
中央大学文学部卒業(1972), 中央大学大学院文学研究科単位取得満期退学(1974),玉川大学,東京理科大学非常勤講師を歴任した後,鹿児島短期大学専任講師(1979~1982),日本福祉大学経済学部赴任 (1983),ペンスィルヴァニア大学学外研究(1990~1991). 2003年度より福祉経営学部医療・福祉マネジメント学科,2011年より全学教育センターに所属。
【研究分野】
文学.
【キーワード】
資本主義, 金銭, 欲望, 偏見, 人種差別, 公民権運動.
【主な研究テーマ】
  1. アメリカ映画のアフリカン・アメリカンが日本人に与えた影響を現代の視点から問い直す
    アメリカ映画に示された,アフリカン・アメリカンのイメージがどう日本人に影響を与えたかを,現代の視点から問い直したい.
  2. ジャック・ロンドン『野生の呼び声』と『白い牙』の主人 公の肯定的受容に関して、その文化的異相を分析したいジャック・ロンドンの小説, 『野生の呼び声』の主人公バックと,『白い牙』の主人公ホワイト・ファングの肯定的受容に関して,欧米の相違が生じる背景を探りその文化的 異相を分析したい.
  3. 日本人がリスニングがなぜ不得手かを分析し、指導法を考察する。
    日本人にとって不得手な英語のリスニングの力がなぜ不得手なのかを分析して, その指導法について考察したい.
  4. アメリカ自然主義
【著書】
  • 『英語コミュニケーション』 総頁86p, 単著, 学校法人日本福祉大学, 2001.03.
【共編著】
  • 文部科学省検定教科書高校英語:「New Atlas Reading&Writing」(三友社出版)、「JOYFUL English コミュニケーション英語基礎」  内野信幸, 本多行一, スーザン村田, 英語リーダー『インディラがやってきた!』, 共著, 三友社出版,1986.

経済学部

教員名 講義テーマ 日時・場所
丸山 優 「市場・共同体・国家」
※「厚生経済学」授業内にて実施
2015年1月9日(金)
3時限(13:25-14:55)
美浜キャンパス 910教室
【プロフィール】

横浜国立大学経済学部卒業(1972), 京都大学大学院経済学研究科単位取得満期退学(1979), 日本福祉大学 赴任(1980),

パレルモ大学(イタリア)近代史研究所客員研究員(1986~1987), 日本福祉大学経済学部経済 学科長, 社会連携推進室長,   経済学部長(2005~2009).
【研究分野】
西洋経済史(特にイタリア経済史)と比較産業組織論, 厚生経済学.
【キーワード】
大量生産体制, 柔軟な専門化, 第三のイタリア, 企業ネッ トワーク, イノベーション, 新産業.
【主な研究テーマ】
  1. イノベーションの普及を速め新産業を生み出す地域システム
  2. ポスト大量生産体制の日米欧比較
  3. 日本版福祉ミックスの設計
【著書】
  • 『島崎稔・美代子著作集 第9巻 ボルゴの民』, 共著,「解説」pp.381-408, 礼文出版, 2004.05.
  • 『ニュービジネスと産業政策』(日本福祉大学通信教育部 テキスト), 単著, 日本福祉大学, 2002.04.
  • 『現代ヨーロッパ経済史』, 共著, 「南欧A イタリア」 pp.152-167, 有斐閣, 1997.
  • 『社会科学の方法Ⅱ 20世紀社会科学のパラダイム』, 共 著,「マルクス主義とヘゲモニー 岩波講座」pp.69-102,岩波書店, 1993.
  • 『知多半島の歴史と現在』No.5, 共著,「成熟産業地域の 経済再生-旧「鉄鋼都市」ピッツバーグの経験に関連して-」pp.154-203, 日本福祉大学知多半島総合研究所・校倉 書房, 1993.
  • 『科学的管理法の導入と展開-その歴史的国際比較-』, 共著, 「イタリアにおけるテイラー主義とフォード主義」 pp.132-158, 昭和堂, 1993.
  • 『戦士の革命・生産者の国家-イタリア・ファシズム』, 共著, 「イタリア資本主義とファシズム」pp.135-194, 太陽出版,  1985.

子ども発達学部

教員名 講義テーマ 日時・場所
磯部 作 「地域問題の解決と地域環境再生に向けて
 ―沿岸域を中心として―」
※「地理学」授業内にて実施
2015年1月9日(金)
5限(16:45-18:15)
美浜キャンパス 510教室
【プロフィール】
岡山大学法文学部卒業(1973), 岡山大学法文学専攻科史学専攻地理学コース修了卒業(1974), 岡山県公立 高校教員(1973~1996), 岡山大学文学部非常勤講師(1994~1995), 岡山大学経済学部非常勤講師(1995~ 1996), 日本福祉大学赴任(1996),日本福祉大学社会福祉学部助教授(1996~1999), 日本福祉大学赴任(1996), 大阪外国語大学非常勤 講師(1998~1999), 日本福祉大学生涯学習センター美浜カレッジ主任(1999~2001), 日本福祉大学社会福 祉学部教授(1999~2008), 日本福祉大学生涯学習センター副センター長(2001~2005), 日本福祉大学子ど も発達学部教授(2008~), 日本福祉大学教職課程センター長(2009~2013), 放送大学非常勤講師(2014~)
【研究分野】
人文地理学, 社会科教育論.
【キーワード】
地域漁業, 沿岸域, 開発・環境問題, 海底ゴミ, 地域づくり, ツーリズム.
【主な研究テーマ】
  1. 地域漁業の振興と海域利用やツーリズムの課題
  2. 沿岸域の開発・環境問題,沿岸域の防災と地域づくりの課題
  3. 社会科教育における開発・環境問題等の扱い方
【著書】
  • 『漁業, 魚, 海をとおして見つめる地域-地理学からのア プローチ』 総頁287p, 共著, 「『海のツーリズム』と漁業」 pp.227-236, 「沿岸海域の環境保全と環境再生」pp.237-246,「埋立てを中心とした沿岸域の開発の問題」pp.247-256, 冬 弓舎, 2013.03.
  • 『現代日本の資源問題』, 共著, 「第5章 水産資源の状況 と課題」pp.101-122, 古今書院, 2012.09.
  • 『海洋白書2011』 総頁221p, 共著, 「海底ゴミ問題への取 組み」pp.41-44, 海洋政策研究財団, 2011.03.
  • 『授業のための日本地理(第5版)』 総頁240p, 共著,「瀬戸内海の環境保全と環境再生」pp.141-144,古今書院, 2010.10.
  • 『経済地理学の成果と課題 第Ⅶ集』 総頁297p, 共著,「中国・四国」pp.262-266, 日本経済評論社, 2010.03.
  • 『日本の漁村・水産業の多面的機能』 総頁245p, 共著,「多面的機能を活かした水産業・漁村地域体験の状況と漁 業者の社会的貢献」pp.111-131, 北斗書房, 2009.03.
  • 『経済走勢分析-中国, 日本と東南アジア連合-』総頁336 p, 共著, 「経済のグローバル化の中における観光の状況と 地域の課題」pp.191-202, 中国経済出版社, 2008.01.
  • 『授業のための世界地理(第4版)』 総頁290p, 共著,「第Ⅱ部2.3 地域環境問題と解決への課題」pp.66-73, 古今書院, 2006.03.
教員名 講義テーマ 日時・場所
松下 孜 「知多地域の民俗と習俗」
※「生活科研究」授業内にて実施
2015年1月5日(月)
1時限(9:20~10:50)
美浜キャンパス 812教室
【プロフィール】
愛知大学文学部卒業(1968), 日本福祉大学赴任(2008)
【研究分野】
史学一般
【キーワード】
史学一般
【主な研究テーマ】
  1. 御触書と農民の生活
  2. 知多地域に残る,江戸時代の常夜燈
【著書】
  • 『知多市の石仏 知多市文化財資料 第41集』 総頁 58p, 共著, 「調査報告 知多市の石造物と山の神」 pp.1-58, 知多市教育委員会, 2010.02.
  • 『ちた市 小学社会3・4年 知多市教育委員会』(再掲) 総頁214p, 共著, 「Ⅵ 地いきのはってんにつくした人」pp.170-183, 知多市教育委員会, 2002.03.