このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. ~卒業後の進路に向けて~3年生対象就職ガイダンスが開催されました
学園・大学案内

トピックス

~卒業後の進路に向けて~3年生対象就職ガイダンスが開催されました

2014年9月22日

 日本福祉大学では、就職支援をはじめとした社会人・職業人としての資質や能力育成を目的に、キャリア開発課が支援プログラムを低学年より展開しています。このたび、3年生を対象とした就職ガイダンスが9月18日(木)に美浜キャンパスで開催され、社会福祉学部や経済学部、子ども発達学部、国際福祉開発学部の学生およそ450人が参加しました。

◆社会福祉学部と経済学部、子ども発達学部、国際福祉開発学部と会場を分けて実施されました

 大学生をめぐる就職活動は、大きな変化を迎えています。日本経団連は政府による要請を受け、会社説明会の解禁時期を3年生の3月、面接などの選考活動は4年生の8月へと、現行より開始時期を繰り下げる方針を示しました。今回のガイダンスでは、①就活スケジュールの把握 ②身につけていくべき力の理解 ③流れに沿った支援プログラムの紹介と参加促進、以上の3点を目的に実施されました。
 キャリア開発課担当者から、企業や法人を対象とした採用活動に関するアンケート結果が紹介されました。そのなかで、就職活動開始(3月1日)直後から説明会を開催する可能性が高いこと、それまでに活動開始までの準備を完了すること、希望する進路に向けて積極的に行動し職種への理解を深めていくことが説明されました。。その後、一般企業や福祉・医療分野、公務員・教員、幼稚園・保育園など、分野ごとの採用スケジュールや活動のポイントなどが紹介され、職種への理解を深める業界研究会について説明がなされました。

◆ガイダンスでは、学生生活の過ごし方なども合わせて説明されました

 ガイダンスに参加した社会福祉学部3年の纐纈美乃里さんは、「今後のスケジュールや支援プログラムについて具体的に説明があり、わかりやすかった。希望する業界をいきなり絞るのではなく、広い視点で活動してほしいという言葉がとても印象に残った。業界研究会にも積極的に参加することで、悔いのない就職活動をしたい」と語りました。
 このガイダンスは、ソーシャルワーク実習などで参加できない学生を対象に、同じ内容を10月に開催します。

関連リンク