このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 長野県南木曽町支援にむけて-災害ボランティアセンターと長野県人会が募金活動を展開しました
学園・大学案内

トピックス

長野県南木曽町支援にむけて
-災害ボランティアセンターと長野県人会が募金活動を展開しました

2014年7月29日

 長野県南木曽町は、台風8号に伴う集中豪雨により土石流が発生し、大きな被害を受けました。このたび、被災した方への間接的支援を目的として、募金活動を7月16日(水)から18日(金)にかけて美浜キャンパスで開催。期間中、学生や教職員など延べ40人が参加しました。

  日本福祉大学には、通学課程で学ぶ長野県出身学生が430人ほど在籍しており、土石流が発生した南木曽町読書(よみ:よみかき)地区出身者も学んでいます。今回の募金活動は、災害ボランティアセンター学生スタッフによる発議がきっかけとなり、長野県出身学生で組織する「長野県人会」が協力する形で実施されました。30度を超える暑さの中、参加した学生たちは南木曽町の被害状況を記したポスターを手に持ち、学生や教職員に大声で呼びかけました。補講期間中で学生の姿が少ないなか、3日間で70,972円の募金が集まりました。
 活動に参加した長野県人会の太田百香さんは、「南木曽町のために、災害ボランティアセンターが企画してくれた気持ちに感謝している。ともに参加することで、少しでも故郷の恩返しができれば」と語りました。集まった募金は長野県南木曽町または同社会福祉協議会に直接寄付される予定です。

関連リンク