このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 愛知県立一宮北高校との教育連携・交流事業を推進しています
学園・大学案内

トピックス

愛知県立一宮北高校との教育連携・交流事業を推進しています

2012年4月16日

 日本福祉大学社会福祉学部は、愛知県立一宮北高等学校との間で2011年度より教育連携・交流協定を締結しています。これまで、教育実習生の受け入れや一宮北高校の授業に本学の学生が社会人講師として参加した実績があります。今年度、一宮北高校に就任した矢永昭一新校長が、福祉実践コースの安藤政代教諭とともに挨拶を兼ねて4月10日(火)に本学を訪問、加藤幸雄学長や木戸利秋社会福祉学部長、児玉善郎学部長補佐、岡多枝子准教授らと懇談し、協定に基づく連携・交流事業の推進について活発な意見交換が行われました。

◆様々な話題で弾んだ懇談になりました

 懇談では、一宮北高校で本学の学生が講師を務めた際に、大学での学びの奥深さや面白さに多くの生徒が感心したことなどが紹介され、2年目となる教育連携・交流事業の内容をさらに充実していくことが話し合われました。また、今年度の教育実習生として同校が受け入れることになった2人の学生が矢永校長への挨拶に訪れ、実習に向けた決意を述べました。

◆前列右から:矢永昭一校長、加藤幸雄学長、安藤政代教諭
後列右から:岡多枝子准教授(高大接続教育推進室長)、児玉善郎社会福祉学部長補佐(高大接続教育推進室担当)、木戸利秋社会福祉学部長、教育実習に臨む金田浩和さんと坂口奈々さん(社会福祉学部4年)