このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 第5回福祉教育研究フォーラム「高校生・大学生のつどい」を開催しました
学園・大学案内

トピックス

第5回福祉教育研究フォーラム「高校生・大学生のつどい」を開催しました

2011年8月24日

日本福祉大学美浜キャンパスでは、8月21日(日)にオープンキャンパスを開催いたしました。当日は時おり雨脚が強まり、午後からは雷鳴も聞こえる悪天候でしたが、多くの方に来場いただけました。
この日は、第5回福祉教育研究フォーラム「高校生・大学生のつどい」も開催され、福祉を学ぶ高校生と本学の学生が、ともに福祉について考える場となりました。フォーラムは、福祉に関する学びの成果や想いをつづった作文と、福祉をテーマとした調査研究や造形・寸劇などによる制作発表の2部門が設けられ、それぞれに応募いただきました。事前審査によって選ばれた入賞作品と本学の学生による研究成果などが会場で発表され、それらから参加者が感じ、考えたことなどを話し合う交流会も行われました。

◆高校生と大学生が学び合い、貴重な気づきの機会となったフォーラム。

審査委員長として講評を述べた加藤幸雄学長は「応募いただいた作品からはいずれも学びや気づきが感じ取られて、優劣を付けられるものではありません。皆さんがいろいろな体験をし、様々な視点で研究されましたが、この気づきに勝る成果はないでしょう。」と、それぞれの作品を評価しました。日常生活から福祉の現場まで、高校生や大学生の多様な経験と学びを共有できる、魅力あふれるフォーラムでした。

【入賞作品】

作文

最優秀賞 『福祉の出会いと経験』 一二三楓さん(沼津中央高等学校3年)
優秀賞 『ごちそうさま。ありがとう。』 中村優花さん(愛知県立宝陵高等学校3年)
優秀賞 『見極める力』 八神早希さん(愛知県立桃陵高等学校3年)

福祉調査研究・制作

最優秀賞 『地域との関わりから』 三重県立伊賀白鳳高等学校
優秀賞 『コミュニケーションが困難な場合の対応方法』 愛知県立宝陵高等学校