このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 半田キャンパスで第13回七夕祭を開催しました
学園・大学案内

トピックス

半田キャンパスで第13回七夕祭を開催しました

2011年7月8日

 半田キャンパス恒例の七夕祭り。第13回目となる今年は、文字通り七夕の7月7日(木)に開催されました。梅雨明け直前の前線が日本列島に横たわり、あいにくの空模様となった当日、一部の企画は場所や内容を変更して行われましたが、年に一回の七夕祭を楽しみにしていた学生と多くの地域の方々で、半田キャンパスは今年も大いににぎわいました。
今年の開催テーマは「星に願いを!!!~繋がるチカラをカタチにしよう~」。七夕祭の実行委員会に加わった48人のメンバーと、お祭りに参加した人々の願いと思いが様々に繋がり、ふくらみ、響き合いました。2008年度に健康科学部が開設された半田キャンパスは、今年度は全学年が健康科学部生となって、実行委員会のメンバーも気持ちを新たに一致団結しました。東日本大震災被災地への支援も取り組まれ、毎年多くの参加者が集まるビンゴ大会の参加料全額を義援金に充てたほか、募金箱も用意されました。

フィナーレを飾る予定だったイルミネーション企画は残念ながら雨のために中止となりましたが、屋外ステージで予定されていた企画はコミュニティセンター棟に場所を移して行われ、来場者は模擬店で食事をしながら、屋内会場での展示やゲーム、パフォーマンスなどの企画を楽しんでいました。
また、この日は本学の全学教育センターが主催する「きょうゆうサロン」が、美浜キャンパスからのバスツアー形式で行われ、渡辺照男理事長や加藤幸雄学長ら本学の教職員が参加しました。半田キャンパスで運営されている生涯学習事業や、知多半島総合研究所、福祉テクノロジーセンターについて見学を中心とした研修が行われ、それぞれの事業の詳細や日常的な取り組みについて、現場担当者の説明を聞きました。いずれの事業も、本学と地域社会との接点であり、本学に寄せられる社会の多様なニーズを実感する機会になりました。サロン終了後は、学生や地域の方々に交じって七夕祭にも参加し、交流を深めました。

◆「きょうゆうサロン」の様子。

雨天にもかかわらず多くの方々に七夕祭へお越しいただき、あらためてお礼を申し上げます。