このページのメインコンテンツへ移動
  • 受験生の方へ
  • 高校教員の方へ
  • 地域・社会人の方へ
  • 企業・法人の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 学生・教職員
  1. ホーム
  2. 学園・大学案内
  3. 学園広報
  4. トピックス一覧
  5. 子どもたちに笑顔と希望を~「絵本プロジェクト」の取り組みが始まりました
学園・大学案内

トピックス

子どもたちに笑顔と希望を~「絵本プロジェクト」の取り組みが始まりました

2011年04月25日

 東日本大震災の復興支援を進める日本福祉大学災害ボランティアセンターでは、被災地へのボランティア派遣以外に、より多くの人が身近に参加・協力できる活動にも取り組んでいます。日本福祉教育・ボランティア学習学会(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaassl/)が実施する「絵本プロジェクト」への参加もその一つです。このプロジェクトは、募金で購入した絵本を50冊のセットにしてメッセージカードを添え、岩手、宮城、茨城、福島各県の避難所に配布するというもの。長期化する避難生活でも子どもたちに笑顔と希望を取り戻してほしい、との願いから始まりました。

◆絵本購入のための募金活動と、メッセージカード作りが続けられています

 本学では4月21日(木)から28日(木)までの一週間、昼休みの時間帯に絵本購入のための募金活動を行うと同時に、メッセージカード作りも進めています。「被災地の生活の厳しさを考えると居ても立ってもいられない気持ちになりますが、今、自分たちにできることをコツコツと続ける支援も大切だと思います」ボランティアセンターに集う学生たちは、言葉や色づかいなどに思いをこめながら、メッセージカードを一枚一枚作っています。
絵本プロジェクトでは、1週間ごとに1セットを4県に届け、5月末までに合計1,000冊を贈ることを目標にしています。その後も被災地のニーズに応じた内容の支援を続けていく予定です。

◆絵本とメッセージカードが届いたとき、お互いが笑顔でつながるでしょう