日本福祉大学 社会福祉実習教育研究センター
社会福祉実習教育講師 募集要項

1.採用職種

社会福祉実習教育講師

2.採用人数

若干名

3.採用予定時期

2010年7月1日

4.雇用期間

1年間(継続可・最長5年)

5.応募資格

「相談援助実習指導及び相談援助実習」を担当する教員の資格要件(下記「12.その他」)参照)に該当する者、または、採用時において該当見込みの者
※「相談援助演習」を担当する教員の資格要件(下記「12.その他」)参照)についても該当する者、または、採用時において該当見込みの者が望ましい。
※社会福祉士資格、または、精神保健福祉士資格を有している者が望ましい。

6.主な職務内容

(1)社会福祉実習に関わる学生相談援助業務

(2)社会福祉実習先、実習指導講師との連絡・調整業務及び実習巡回指導業務

(3)社会福祉実習オリエンテーション等のスタッフ業務、ならびに、「相談援助実習指導」等のアシスタント業務

(4)教材の開発や実習教育方法の開発・研究に関する業務

(5)その他社会福祉実習教育研究センター長が必要と認める業務

7.勤務地及び勤務条件

原則として、社会福祉実習教育研究センター(日本福祉大学美浜キャンパス)に、週4日(1日あたり8時間)勤務

8.処遇等

(1)給与月額30万円

(2)通勤手当、出張旅費は日本福祉大学旅費規程を準用し支給

(3)実習教育研修費10万円(年額)

(4)雇用保険、日本私学振興・共済事業団加入

9.応募方法

以下の(1)から(4)の各号の書類を締切日までに提出すること。

(1)履歴書(別紙様式1PDF/word

(2)教員に関する調書(2科目分について記入例を参照のうえ、作成すること)(別紙様式2PDF/word

※応募書類記入上の留意点については、こちらPDF/word

(3)社会福祉士登録証、精神保健福祉士登録証、社会福祉士実習演習担当教員講習会修了証(該当者は、証書の写しを提出すること)

(4)志望理由書(様式自由。A4版用紙1枚に1,000字程度で記述すること)

10.締切日及び提出先

(1)締切日 2010年5月6日(木)【本学必着】

(2)提出先 〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田

日本福祉大学 社会福祉実習教育研究センター事務室
担当:岡崎、横田(電話0569-87-2971)
※封筒に「実習教育講師応募書類」在中と朱書きし、書留郵便にて送付すること。

11.選考方法

(1)書類選考

(2)面接選考 実施日:2010年5月19日(水)【予定】

場 所:日本福祉大学 美浜キャンパス
※詳細については、書類選考合格者に対して通知する。

12.その他

(1)科目担当教員資格要件については、以下(厚生労働省・文部科学省通知〔平成20年3月28日付19文科高第917号・社援発第0328003号〕「大学等において開講する社会福祉に関する科目の確認に係る指針について」より抜粋〔一部加筆〕)を参照のこと。

ア 相談援助演習【以下、(ア)〜(エ)のいずれかに該当すること】

(ア)学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学(大学院及び短期大学を含む。以下この(3)において同じ。)又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む。)として、相談援助演習を5年以上担当した経験を有する者

(イ)学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、相談援助演習を5年以上担当した経験を有する者

(ウ)社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者

(エ)科目省令第4条第二号ニに規定する講習会(以下「社会福祉士実習演習担当教員講習会」という。)において、相談援助演習の指導に係る課程を修了した者

イ 相談援助実習指導及び相談援助実習【以下、(ア)〜(エ)のいずれかに該当すること】

(ア)学校教育法に基づく大学又はこれに準ずる教育施設において、教授、准教授、助教又は講師(非常勤を含む。)として、相談援助実習指導及び相談援助実習を5年以上担当した経験を有する者

(イ)学校教育法に基づく専修学校の専門課程の専任教員として、相談援助実習指導又は相談援助実習を5年以上担当した経験を有する者

(ウ)社会福祉士の資格を取得した後、相談援助の業務に5年以上従事した経験を有する者

(エ)「社会福祉士実習演習担当教員講習会」において、相談援助実習の指導に係る課程を修了した者

※上記の科目名は、法令改正後の新たな科目名称であり、それらに相当する法令改正前の名称の科目担当歴についても、教歴としてみなす。

※応募に際しては、上記通知をはじめとする関係法令通知に照らし、科目担当教員要件の有無を確認すること。

(2)選考結果については、採用選考が終了次第、本人に通知する。

(3)応募書類は原則として返却しない。返却希望の方は、応募書類に、返信用封筒(切手貼付)、または、宅配便送付状(着払)を同封すること。なお、提供を受けた個人情報については、本学の規程に従って適正に管理し、採用選考以外の目的には使用しない。

以上